Powered by Six Apart

3A5(電池管)はいぶりっどトランスミッター Feed

2018年8月14日 (火)

電池管3A5を12Vで発振させ、中波トランスミッターを狙う


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

リアクタンス管によるFM変調は、 ここ

Fm002

Fm003

 

***********************

5_2

******************************

はいぶりっどトランスミッターの第4弾です。

もともと 2012年12月に3A5ワイヤレスマイクを製作済みだ。

3A5の第2弾ワイヤレスマイクは翌2013年1月に公開してある。

1, 7極管では88コイルのように2次側コイルで発振させることが多いが、 2013年1月に公開済みのようにOSCコイルの2次側の1端を接地して発振させる。 12Vのような低圧駆動では非接地端は遊ばせておくこと(これがノウハウ)。 結果9VでもOSCする。

左様なノウハウは各記事に明示してある。

「発振回路」は、「発振状態を維持できる回路」のことであり、「発振の切っ掛け」とは異なるので混同せずに考えること。発振の切っ掛けはだいたい 通電時のラッシュ電流により行なわれているので、+Bのコンデンサー容量には104や220uFなどを使い時間差を持たせる。コンデンサーの容量差もノウハウに入るだろう、、と。

2, 今回は 「2013年1月製作の3A5ワイヤレスマイク」と同様に、「発振の切っ掛け」として2次側端を1点接地する。

電池管のヒーター電圧生成には、LM317を使った。 LM388は可聴ノイズが多くSNがとても劣化するが、STマイクロのLM317ではそのようなことはない。 3端子レギュレーターでは「電波ノイズを飛ばすメーカー」もあるが、STマイクロのは今迄ハズレはない、お薦めのメーカーだ。

042 

3A5.pdfをダウンロード

2、 OSCコイルについて

「トランジスタ用赤」を使う。

1次側の線長 =   70cm   。   タップドセンターにする。

2次側の線長 =   25cm

「このコイル +100 PF」でおよそ1MHz~1.3MHzの間でOSCできる。

122_2

123

3,

043

よい感じでOSCしてきた。 球の元気さが??だ、 OSC強度がやや弱い。

044

045

4、

樹脂板にのせてみた。

046

電波として飛ぶのを確認した。

音色は変調トランスの周波数特性に依存してしまう。 トランジスタ用小型トランスでフラットな特性物は無いので、選択に苦労する。 まともな音にやや近い「ST-17」にしてあるが、300Hzあたりからの低域が出てこない。 小型トランスの音色に留意しなければ多数あるが、まともな音域特性のものは左様な小型にはならない。

音の良い小型トランスが手に入らないので、 音質を気にしてはいけない。

047

12V印加の3A5で遊んでみました。 3A5は片側使用で「C33⇒アンテナ」がよさそうです。

通算257作目

******************************

この基板で遊んでみたい方は連絡ください。3枚だけあります。1枚になりました。

2018年8月25日 (土)

電池管3A5を10Vで発振させ、中波ワイヤレスマイクで使う。

 

95c7ae3141305e404c056f96c6cab3ec

**********************

先日の 3A5トランスミッター(中波)のご要望が多かったので、bufferを追加した領布基板にした。

3A5のA電源は、STマイクロのLM317Tで2.8Vを狙う。このLM317TはMUST. 

トランスで3A5にAM変調を掛ける。 先般、記したように可聴域で特性のよい小型トランスの流通がないので、音質重視の方は 7極管によるトランスミッターをお薦めする。

トランスの1次側と2次側にそれぞれコンデンサーをパラ付けして 特性補正を行なうことを推奨する。この方法の詳細は日本放送協会刊行の本におよそ65年前の1953年から書かれているので、公知期間もかなり長い。これを知らないと随分恥ずかしい。

083

084

◇ 9Vで作動する。 作動下限をみたら6Vで発振停止した。 3A5がお疲れだとやや印加電圧を上げる必要がある。

085

MIC-IN 1.5mVほどで過変調になるように合わせてみた。

086

左が受信した波形。 右が供給信号(RFが少し乗っている)

087

概ね1.2mほど飛ぶ。 bufferを強めに作動させると電波がmic-lineに乗ってしまった。 bare footではないがbareなので過剰出力には注意。

088

089

はいぶりっどトランスミッター 第4弾でした。 推奨電圧は9V~12V。

****************************

通算257作目。

基板ナンバー RK-23として 本日からここで領布開始。

090

ウェブページ

カテゴリ