Powered by Six Apart

NF型Tone コントロール付き真空管ラジオ 9号機 Feed

2017年10月22日 (日)

山中電機方式でIFT取り付け。ST管ラジオを自作中。

26f28c2ds

De3a781ds

******************************************

真空管ラジオで採用されるIFTの取り付け方向は、「家電メーカー VS 部品メーカー」の争いのように2通りある。これは2014年3月にここで記事にしてある。

オイラは「廻り込みく難い向き」で取り付けてある。 この方式が最も廻り込みし難い。

これは松下方式でもなくSTAR方式でもない。 ずばり、山中電機方式である。

056

このIFT向きで2017年10月20日時点にて90台ほど自作済みである。

◇IFT内蔵のコンデンサーはこれだった。 このタイプは、経験上4割前後はNGゆえに、交換した。

057

058

059

今宵はここまで。in-take amp基板をauxに使う。

NF型トーンコントロールの配線は明日だ。

2017年10月26日 (木)

山中電機方式でIFT取り付け。ST管ラジオ、トーンコントロール配線。

*****************************

少し進んだ。

065

066

2017年10月28日 (土)

山中電機方式でIFT取り付け。ST管ラジオに通電。

****************************

調整中。

084

 

085

088

6C5がトーンコントロール球。

UZ-42が終段。

今年の第18台目になった自作ラジオ。

************************

通算230作目。


YouTube: 第112号機 自作ラジオ

ウェブページ

カテゴリ