Powered by Six Apart

« ダイレクトコンバージョン回路をPCB化して手配した。 | メイン | »

2017年10月22日 (日)

山中電機方式でIFT取り付け。ST管ラジオを自作中。

26f28c2ds

De3a781ds

******************************************

真空管ラジオで採用されるIFTの取り付け方向は、「家電メーカー VS 部品メーカー」の争いのように2通りある。これは2014年3月にここで記事にしてある。

オイラは「廻り込みく難い向き」で取り付けてある。 この方式が最も廻り込みし難い。

これは松下方式でもなくSTAR方式でもない。 ずばり、山中電機方式である。

056

このIFT向きで2017年10月20日時点にて90台ほど自作済みである。

◇IFT内蔵のコンデンサーはこれだった。 このタイプは、経験上4割前後はNGゆえに、交換した。

057

058

059

今宵はここまで。in-take amp基板をauxに使う。

NF型トーンコントロールの配線は明日だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34089016

山中電機方式でIFT取り付け。ST管ラジオを自作中。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ