Powered by Six Apart

中波帯のAMワイヤレスマイク.  SL1641 Feed

2019年8月 3日 (土)

中波帯のAMワイヤレスマイク.  SL1641

Ee961ac5d095c72063fc012f988b9ea1

*************************

S042Pに続いて「ダブルバランスドミクサーでAM/DSB生成」です。

デバイスは 下写真のものです。

002

回路案。 OSCコイルはFCZタイプでOKです。

001

中波で76dBuVが注入上限のようです。

003

AM波形です。 写真1の状態で良好な音でラジオから聴こえました。

004

dsb時の過変調波形です。

topがフラットに為ってきています。

005

af信号を弱めてみました。

006

上の時間軸のままAMにしました。 

出力の変化がありませんでした。なかなか良いICです。外部oscで使うならばne612よりgoodぽいですね。

NE612,SN16913は出力変化しますが、このSL1641は変らずです。

内部負荷の割に波形上下が綺麗です。

007

SL1641はコンバージョンゲイン=0dBとデータにあったが、入力キャリアの10倍くらい出てきました。ゲインは充分に在りますね。

使用上限は75MHzらしいのでMC1496とカタログSPEC上は上限周波数が同じですね。japanでは不人気ですが欧州ではポピュラーぽいdbmです。am使用性能は良さそうです。

今日はここまで。

2019年8月 4日 (日)

sl1641のAMワイヤレスマイク自作中。 なかなか波形は綺麗だ。 

2015121700084332ds

20151217001017e09s

*****************

AM/DSB-TXの続きです。 

①中波帯で確認中。

TXに入れた波形はオシロ右がわ

真空管ラジオから出てきた波形は、左がわ。 歪まず出てきます。

20cm長電線をアンテナにして飛びは1.5mほど。既領布中のワイヤレスマイク基板と同じ。

Sl164106

TX側の波形(AM).綺麗ですね。

Sl164101

基板サイズです。

Sl164102

半固定VRは2個です。 これを回してAM/DSB波形をあわせます。 中波ですのでdsbにしないよう注意ください。

Sl164107

TRによるLC発振なのでコイルを換えればそのバンドでOSCします。SL1641の作動上限は75MHzです。50MHzは苦しいと想います。

dbm のtxとして、

MC1496 (RK-13等)

NE612 (RK-26等)

S042P (RK-35等),

TA7320 (RK-45等) ,

SN16913  (RK-52等)

CA3028 (RK-55等),

そしてSL1641になる。

すでに7つのDBMでのam/dsb作動を確認している。まあまあの実験数だと思う。このsl1641はam-txにお薦めできます。

**********************

通算298作目。基板ナンバーRK-62.

ウェブページ

カテゴリ