ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 「3石+IC 」のミニラジオ RK-44。 | メイン | LA1600を使った短波レシーバー基板:ssbにはbfoで対応。。。プロダクト検波基板等 »

2019年8月 3日 (土)

中波帯のAMワイヤレスマイク.  SL1641(plessey) . ラジオ送信機自作。

Ee961ac5d095c72063fc012f988b9ea1

*************************

S042Pに続いて「ダブルバランスドミクサーでAM/DSB生成」です。1968年発表されたギルバード・セルで有名なバリー・ギルバード(英国人)がplessey社研究所にて1970年~1977年LABOリーダーしていましたね。

そのplessey社のdbmでcanパッケージ SL640(641)が開発され、現在はdip品のSL1640(1641)が流通しています。

このSL1640のコピー品が、NJM2594です。ICウエハーを90度回してボンデイングするとNJM2594が出来上がります。その辺りは等価回路でわかります。

Sl640_641

Mdmeeonnetsjgjkx4vpmjkg

2009424204634254

DBMの祖 ギルバートによるDBMなので性能は優秀です。

***************************************

デバイスは 下写真のものです。plessey社のSL1641.

002

回路案。 OSCコイルはFCZタイプでOKです。

001

中波で76dBuVが注入上限のようです。

003

AM波形です。 写真1の状態で良好な音でラジオから聴こえました。

004

dsb時の過変調波形です。

topがフラットに為ってきています。

005

af信号を弱めてみました。

006

上の時間軸のままAMにしました。 

出力の変化がありませんでした。なかなか良いICです。外部oscで使うならばne612よりgoodぽいですね。

NE612,SN16913は出力変化しますが、このSL1641は変らずです。

内部負荷の割に波形上下が綺麗です。

007

SL1641はコンバージョンゲイン=0dBとデータにあったが、入力キャリアの10倍くらい出てきました。ゲインは在りますね。

使用上限は75MHzらしいのでMC1496とカタログSPEC上は上限周波数が同じですね。japanでは不人気ですが欧州ではポピュラーなdbmです。am使用性能は良さそうです。

今日はここまで。続きです

*****************************

「基板+実装部品」をキットにしました。「SL1641キット」で検索ください。

Ans01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34187295

中波帯のAMワイヤレスマイク.  SL1641(plessey) . ラジオ送信機自作。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ