Powered by Six Apart

レフレックス 1球 真空管 ラジオ (6KT8) Feed

2011年12月18日 (日)

真空管 1球レフレックス ラジオ (6KT8) 製作中

本稿は、真空管、単球レフレックスラジオの記事です。

★レフレックラジオの前段にRF増幅をつけたラジオも造ってみました。

 プリRF付きレフレックス5球ラジオ

★真空管ラジオ製作のポイントは、この記事にUPしました。⇒ここ。

***********************************

真空管1球でスピーカーを鳴らそう作戦です。(6KT8)

雪もちらちらする季節になりましたね。1球レフレックスラジオは

6GH86GX7で問題なく動作しているので、

今日は、複合管の6KT8を使った1球レフレックスラジオです。

回路は少し変えてみました。

14

①バーアンテナ⇒g1。

②検波出力は C結合で、アンテナコイルのコールド側に印加。

③時定数はトライ&エラーで訂正予定。

ベースはラジオ少年の1RWーDXです。

11

M3用穴(Φ3.5)を追加します。

12

平滑回路を半田中↑。

13

部品は取り付けました。

このラジオから、小林旭の北帰行が流れてきて、、、、 あの頃を思い出しました。

で、バーボン飲みながら半田したので、 のちほど確認・通電です。

2011/DEC/19追記

雑誌等に 載っていた回路にトライしましたが、

まあ~感度がよくないので、従来回路に戻りました。

週末に再トライするかもしれんですが、、。

奥澤清吉先生が本に書いておられますが、
「バーアンテナ⇒コンデンサー⇒TRのベース」が一番感度良いのは、
オイラもトランジスタ実験で確認してある。

で、真空管も実験したらTRと同じだった。(週末に再トライしてみます)
g1につけるコンデンサーも 適正値があるようだ。
47pf⇒39pfで 1.5dbアップ。
39pf⇒30pfで0.5dbアップ。

22pf~30pfが良い。

で、ピンアサイン9DXの球が使える真空管ラジオ完成

********************************************************

TOP PAGE

2011年12月19日 (月)

真空管 1球レフレックス ラジオ (6KT8) 製作中 その2

早く帰宅できたので、少し触ってみた。

21

リップル波形↑。

電源トランスとシリコンDiが同じです。

5極部のg1は、

「アンテナコイル⇒コンデンサー⇒g1」の接続が良いのを、さきほど再確認した。

この6KT8 ラジオは、信号のループ発振もなく、普通に鳴る。

(6GH8で、配線の引き回しを学習しました)

1球ラジオは 聞える順に、

6GX7  >> 6GH8 、 6KT8

5極部のSg電圧が高い順によく聞えています。

6GX7を超えられそうもありません。(モー値が示す通りです)

******************************************************:

TOP PAGE

2011年12月22日 (木)

真空管 1球レフレックス ラジオ (6KT8) 製作中 その3

1RW-DXをベースにしているので、周波数がBC帯下側に寄っています。

非同調の高周波増幅はBCバンド下限の530でゲインが取れて、1650に向かってさがって行きます。

(過去の6GH8,6GX7も同じ)。

(550khzを基準とすると900khzでバルボル1レンジ分 感度が下がってます)

このまま巻き数を減らすと、誘起電力が減って感度低下になります。

で、バーアンテナコイルを換装です。

ラジオ少年のBA-380のコイルを転用します。

そのままだと巻き数が不足なので、少し巻き足します。

(2次側を解いて、1次側に巻き足します)

SGの入力からは、コイルの差は判りませんでした。

(BC帯全域が聞えるように改善されただけです。)

23

次いでに、球をGEの6LY8にしてみました。

(モー値が20kμと高いですが、発振せずに音がでます)

ややノッポさんです。

単球ラジオは、ゲイン面で余裕がないので

大きな音で鳴らすには、

①高圧を印加する。

②出力トランスは能率のよいものを探す

③Qの良いアンテナコイルを探す。 などがキーポイントになってきますね。

ベースとした1RW-DXも、出力トランスを変えると 体感上違ってきこえますね。

バルボル値でも、違いが出てます。

20K:8のOUTトランスはお薦めです。

で、Qメーターの必要を感じる日々です。

31

↑最終回路図(従来回路がベターでした)

検波出力をC結合で戻すのは、あまりよい結果になりませんでした。

sg1は1kΩにしましたが、50Ωでもokです。

sg1の電位が高いほど良い結果になりますね。

(熱くなる方向なので、熱さとゲインとのバランスで決めます。

sg抵抗値は5kΩ~20kΩが熱的にベターでしょうか、、。)

「1:3トランス」と「20K:8のOUTトランス」採用の経緯は、

6EW6+6EW6を参照ください。

追記 2011/DEC/30

知人の処で動作確認しましたら、普通に聞えたので

そのまま差し上げてきましました。

*******************************

「レフレックス+再生」の単球ラジオここ

076

 自作 GT管BC帯ラジオ

077

超再生って知っておられます?

超再生式FMチューナーキットも面白いですよ。⇒記事

117

TOP PAGE

ウェブページ

カテゴリ