Powered by Six Apart

3.5MHz 自作ラジオ(AM検波、プロダクト検波) Feed

2018年2月23日 (金)

プロダクト検波(TA7320)。AM検波にはTA7613だが、そのaudio特性は??だ。AF歪み率。

***********************************

JA1AYO丹羽OMの記事(CQ誌)に学んで ダイレクトコンバージョン基板をまとめたのが2017年末。

千葉OMの記事に学んでLA1600ラジオ基板を先日まとめた処だ。

今日は、CQ誌1982年に学ぶ。これは35年前から公知されている。ご存知の回路だ。SFUは廉価だが、音色からその特性の拙さが確認できるので、今回SFUは採用却下し,素子数を増やしたフィルターにしてみた。このAM/FMラジオ ICはJH1FCZ誌にも作例がある。

070

LA1600のOSC具合からすれば、本回路注入量はLA1600に似た値になるだろうと想うが、OSC負荷を見るともう少し弱いのがネライ?。 机上で妄想しても正摘には遠い、、。

このICはAFゲインがやや低い。SP8Ω使用とすれば、歪み率が最も低いところで2%以上はあるし、その時のOUTは100mW。 AF部については、別なIC例えばTA7368で鳴らすと「歪み率0.15%,出力200mW」と10倍改善されることから、AF部はAF用ICで鳴らすことをお薦めする。

LA1600ラジオで使用中のTDA2611は出力1Wでも歪み率は0.2%前後と価格に比べて優秀なICだ。低歪み率で廉価なICはTDA2611だろうと想う。

人気があるLM386はその特性上、出力100mW前後で鳴らすIC。200mW以上は歪んでちょっと、、。

自作ラジオでの音量の目安は、真空管ラジオでmax1W,半導体ラジオでmax0.6W. 常音量として0.2Wで考えるのが恐らく好ましい。SP端のVTVM値を見ているとピークで0.15V近傍でピクピクするゆえに、0.15x0.15x8=0.18w程度には為る。

AF用 ICとして0.2~0.4W 出力領域で低歪み(0.2%とか0.3%とか)なデバイスをお薦めする。ラジオ系では低歪み品でもaudio系では中歪み品に該当する。ラジオ用半導体としてAF歪み率の上限は、明確な指針はないようだが、カタログスペック1%超品を使うと音色の拙さが判る。 それゆえに0.8%とか0.5%が採用指針になると想う。

「祐徳電子さん取扱10cmスピーカー」を0.2wくらいの歪み特性の良好な範囲で鳴らすこと前提にIC(TA7638)決定した。 

audio系では高入力に合わせた音圧の出ないSPが主流ゆえに、左様なsp使用であれば高出力ICをお薦めする。

◇東芝3兄弟で作図した。

IFの漏れ対策のCRは作画していない。 雑誌に発表された回路では、IF漏れについて無対策の回路も紹介されていることが多数ある。 「作動確認させているかどうかな?」とオイラは想う。

071

鳴るだけのラジオであればLA1050使うのが廉価だが、LA1050では音が拙くて聞く気力が喪失してしまう。

MY半導体基板ではいまの処,音の拙いICを載せていない。ただし「AM/FMのIF共通ICはSNが劣る?劣らない?」は不明だ。LC共振によるIF回路であれば良いが、たとえばLA1050のように抵抗結合と推測される構成ではSNは劣化する。目的外周波数を増幅しないAM/FM用ICも調査したい。

◇JA1AYO丹羽OMにこの回路(CQ誌1982年)での意匠権でお伺いした。承諾を頂いたので基板化を進める。

2018年2月26日 (月)

作図中だが、信号の飛び込みに留意。

******************************

プロダクト検波 をon boradしたラジオ基板を作図中。

090

80x100に納まるかどうか?

10Kボビンが密集するので、信号の飛び込みしないかどうか?

2018年2月27日 (火)

AM/SSBラジオのmy 基板。TA7613でAM検波。プロダクト検波デバイスは、、。

労働裁量制度が話題中だが、前国会だと思うが国会中継(NHK)をみていたら、

答弁にたった政務次官が、「私共公務員は民間ほどの能力がありませんので労働裁量制度の対象には含まれない」と述べていた。

法案成立後に、「労働裁量制度の解釈と運用」が公知されてそこには公務員が対象外になることをぼんやりと匂わせる記述があるだろう。「解釈と運用」ってのは、日本行政の通常行う手法だ。

***********************************

AM/SSBラジオの基板もかなり進んだ。

JA1AYO丹羽OMが1982年に公知した回路がベースになっている。丹羽OMには意匠権で相談済みだ。使用について承諾をいただいてある。

0227

バリキャップも配置した。

周波数可変は、「バリコン(メイン)+バリキャップ(微調整)」が使い易いと思う。 微調整用バリキャップ10PF程度のが具合よい。

0228

2018年3月 3日 (土)

LC7265表示器への適正な信号量。yahoo出品にmy LC7265 表示器が採用されていた。

*****************************

昨日は、中国での電子部品市場について祐徳電子さんから色々とお教えいただいた。

多謝、祐徳電子殿。

LC7265表示器キットでは、まだまだ半田付け不良による問い合わせがあり、やや梃子摺ることがあるらしい。コネクターピンと ICとの導通確認をテスターで行なえば非導通を発見できる程度の半田付けが時折あるようだ。

フォアーランドの社長さんも往時、「作動不良にて学校から送られてくる教材キットで、その原因の9割は半田付け不良だ」と申されていた。「技術科の教員すらまともな半田付けを知らない」と嘆いていた。

◇「通電確認の実装済み品(¥3,000)をラジオに取り付けても、上手に動作しない」との謎の問い合わせがごくごく稀にあるらしい。

 SSGで確認OK品が作動しないのは、100%ラジオ側の要因である。入力過多でも過小でも正常入力値外であれば、動作しない。適正入力値についてはLC7265のデータシートで公開されている。 過大入力ならば焼損してICは壊れる。

◇そのデータシートも読まずに半田工作キットを組み立てている不逞の輩は居るまい。

以下の写真はデータシートの写しjpegになる。

FM帯ではLC7265に5V程度の電圧を掛ける必要があり、AM帯ではそれよりも低い3V未満でも作動するらしいことが判る。 データーシートは別称チャンピンデータと云われているように、実挙動とは異なることが多い。

001

上のようにLC7265への信号量のグラフが公開されているので、 概ねこの値以下でLC7265に信号を受け取ってもらう必要がある。

信号の供給過多は駄目ですね。そのためにグラフが公開されています。このように適正な信号量の情報はメーカーから公知済みであるからして、データシートを読まずにLC7265を使おうとする蛮勇者はおるまい。

データシートが読めないなら、LC7265表示器を使うにはまだ早い。6WC5の発振強度を確認せずにLC7265表示器を使おうとするのは、手順が可笑しい。

007_2

◇◇◇◇

yahooにmy LC7265表示器(青色LED)が採用されていたのを見つけた。

006

オイラはチタコンでの結合は非推奨だ、、、、。

祐徳電子さんが販売元として紹介されていたね。(オイラが基板化後、7ケ月のちに祐徳さんからリリースされている。     マイクコンプレッサー基板、la1600ラジオ、ダイレクトコンバージョンのデータと基板を提供したがこれらの興味はどうも無いようだ )

平滑回路の2段ではハム音は残る。100uFの容量は必要ないので、22uFの3段の方が効果ある。「容量より段数だ」って英字で記事があったと想う。所謂、「低抵抗多段式平滑回路」を推奨します。

、、、と「低抵抗多段式平滑回路」の良さを昔に公開している。オシロで捕らえられないほどのリップルなら悪影響はないだろう。

◇LCD表示器(基板ナンバー RK-01)も 信号過多だとちらつく。

出品中の商品はこちら

手持ちのメーターを振らしてみた。

**********************

LA1600ラジオ基板はあと1枚か2枚で初回ロットは終了になる。 AF用ICも伴なって底をつくので、もう10個ほどTDA2611を調達するか or しない、、、と悩む。

「アナログメーターを使った基板もの」を思考中なので、実験をおこなってみた。

002_2

 

003

②小型インジケータ時。

004

005

手持ちのメータ3種ともまあまあの位置まで指針が動くので、0.3v~0.5vを回路にいれてやれば良さそうだ。

レンジは35dBだった。対数対応させる必要が今回は無いのでこれで行こうと想う。受信のSメーターはオイラにとってハードルが高いのでそれはのちのちのテーマ。

2018年3月14日 (水)

ミニチュア管ラジオは6BY6あるいは6BE6で、、、。ICラジオはSSB/AMの2mode対応(試作中)

*********************************

過去に記事にしたが人気は6BE6>>6BY6.

性能なら6BY6>>6BE6。

6BE6時に、「もう少し感度ほしい、、。」ならば、6BY6に差し換えることをお薦めする。ゲインUPするので360度の相による発振に注意。(IF段の動作を軽くして対処すればOK)

032

**********************************

SSB/AMの2modeラジオ基板の試作品が届いた。

ICと455filterが取り付いた。 JA1AYO 丹羽OMが公開された回路がベースに為っている。意匠権はご相談済みだ。

033

BFOによる復調はLA1600基板にて作動点等技術資料が取れたので、次のSTEPはプロダクト検波になる。先日、DBM デバイスのMC1496を使ったAM変調(基板ナンバーRK-13)も技術確認できたので,DBMによるキャリアヌル点とキャリアMAX点での作動確認できれば、まあまあDBMを使う側になんとか入れるんじゃないかなあ??

ICやトランジスタを使いこなすのはプロエンジニアのお仕事範囲。オイラのような田舎のおっさんにはかなりハードルが高いです。

2018年3月27日 (火)

プロダクト検波基板の初回試作中。

***************************

プロダクト検波基板の初回試作中だ。半導体はオール東芝製にしてみた。

P1010008

********************************************

2月19日から領布開始したLA1600ラジオ基板 (基板ナンバー RK-12)は、丁度20枚領布した処で、ICの知名度が高いので問い合わせが多い。

057_2

祐徳電子さんから昨年7月末リリースされている「LC7265表示器」は、累計100set出たようだ。「表示器から電波ノイズが飛ばない」、「ノイズに成らない3端子レギュレーター使用」を意識して真空管ラジオの受信周波数表示器用に興した。

064c86cc5b2fc75f796d

 

プロダクト検波基板の初回試作中。TA7613を使う。

*****************************

試作中のTA7613基板に通電してみた。

他励式ラジオにしたのでOSC具合を確認する。(LA1600は通りぬけが発覚し他励式には不向きだった).

局発部の負荷に2.2mH(RFC ボビン巻き)をつけて通電してみた。OSCしてきたが波形が歪で適正な負荷(L)でないことが判る。JA1AYO丹羽OMによれば120uH(ボビン巻き)が具合よいらしい。

074

◇アシャル型100uHにしてみた。随分と改善された。 どうやらもっと小さい80uH近傍がよいらしいが手持ちには無い。47uHでは小さいと想う。 「アキシャル型 と ボビン型」ではOSC挙動が異なることはご存知の通りである。

075

◇中間周波数の合わせを行なう。セラミックフィルターの固有振動数にあわせてみると、451.1KHzが中心であった。

455が中心周波数になるらしい455Eではあるが、現実は「表示マイナス4の451」だ。 デジタル表示させるには「OSC-451」させる必要がある。あるいは460Eを手配すればIFが456近傍で具合よい可能性が強いが、LTM460が見当たらないので周波数表示側で対応するしかなさそうだ。

076_2

077

上のように455KHzでは減衰してでてこない。

079

上のように447KHzでも減衰して出てこない。 455と447の中間あたりがフィルターセンターなことがわかる。

下写真のフィルター型番である。製造工程上、「タンポ印刷を間違えた」は起こらないのでこれは455用として製造されたものだろう。

078

 ◇ OSC確認もでき、IFも合わせたので、次は目的信号を入れてみよう。

080

TA7613の8番ピンで歪んででてくる。 IF調整時は綺麗だったので、 他励式の発振強度が強すぎることが想像つく。 自励式LA1600の発振強度から推測しても、OSC入力過多だろう。 あるいは他励式には不向きの可能性もある。

TA7613基板の試作は始まった処だ。

プロダクト検波基板の初回試作中。TA7613を使う。続。

*********************************

OSC強度が過多らしいので、弱めた。 オシロでみて0.9Vほどになった。 歪みから脱出したようだ。

085

◇ セラミックフィルターを載せ換えた。 457KHzが中心になった。

081

◇ s+n/n が10dBになる入力を確認した。 けっこう中波では感度よいことがわかる。

082

◇ 7MHzでは感度が恐ろしく下がる。結線図は間違えてはいない。455KHzに比べて40dB超えて余分に信号注入する必要がある。このTA7613はどうやら7MHzでは使えないことがわかった。

083

084

◇3.5MHzのコイルを手配したが、 「期待してよいのかどうか?」。 30MHzまで感度良いICが出回っているので、それに変更したいと想う。

2018年4月 3日 (火)

3.5MHz 自作ラジオ(am検波/プロダクト検波)。 続

********************************

ta7613が予想よりも短波帯での感度不足なことにより中断している「3.5MHz 自作ラジオ(am検波/プロダクト検波)」の回路図を書き直した。(プロダクト検波の作動確認できているのでラジオic次第)

このデバイスならば短波実績は多数英語で報告されているが、入手がかなり難しい。もっともオイラの技術興味で興す基板ゆえに、デバイス入手性は今回検討していない。

入手楽なのはプロダクト検波させるのに、トランジスタで中継する必要があった。(これの回路図は仕上げてある)

007

メータ回路もin-chipなので、接続できるようにした。

2018年4月22日 (日)

TA7613のラジオで通電中。

*************************

TA7613ラジオの続になる。

FCZコイルを80m用に載せ換えてみた。 IF455信号を入れると帰還発振するように体質が変わった。

033

◇ 以前の40mコイル時。

035

◇ 2枚の写真のように差はあまりない。 、、と云うことは駄目に近いだろう。

LA1600よりは耳が悪い。おそらく15dB~20dBは劣る。 455KHz信号時と比較して感度が格段に落ちる。現状はオイラの真空管ラジオより劣るので、何か信号の入れ方の工夫が必要なta7613らしい。

通電した感触ではmix部がattのような感じだ。

下写真(s/s+nで10dB時)のように455kHz信号では随分と感度よい。LA1600より遥かに感度良いので、期待してしまった。  MIX部が機能する周波数帯ではMIX部のゲインによりこれより感度よくなるのが一般的。

041

◇コイルを換えたら弾みで帰還発振する。安定性が弱い部品配置らしい。あるいはコンデンサーを追加したら安定するのか?

新ICが到着して基板がまとまったら、「TA7613で再チャレンジ」の流れだ。

2018年5月11日 (金)

AMレシーバー専用IC TDA1572を使う。 TDA1072も手に入れた。

***********************

TA7613基板は、ICをAMレシーバー専用に換えた。 この基板は先月中に届いていたので税関による足止めからは、逃れている。

P1010001

IC型式は、上写真のように TDA1572だ。 DIP 品と リフロー用品との2タイプあるが、リフロー用が廉価だった。 このICは 50MHzでもOSCできることがシートに明示ある。 CB用ICなのか?とも想う。

単独IF出力があるので、

①外部でプロダクト検波、

②あるいは内蔵のam検波を使う

、、とTCA440のような使い方ができて50MHzまで対応となれば実験対象だろう、、。(TCA440とはイコールでない).。Sメーター回路も 内蔵されており魅力的なデバイスだろう。50MHzで使えれば幸運だ。まず、実験。

IF出力なしのはTDA1072になりこれは廉価だ。

P1010013

、、で、OSCしないので???と確認したら、回路を間違えた。 このICはLC1600同様に帰還信号をもらって発振させているようだ。 

この基板の訂正を掛けたが、「手配をどうしよう?」の状態。

TDA1072の基板 。Sメータ回路内蔵のAM専用レシーバーICを使う。

AM検波だけを狙ったTDA1072基板は、この位の大きさになる。、、と想う。

060

今、作図中。

◇追記。 このサイズでいこうと想う。

061

データシートのように,IC内部にSメーター回路があるのでそれを使えるようにした。

シンセンの空港税関で 足止めしているので、 orderはPCBWAY(FedEx)にした。FedExなら足止めくわないと思う

ウェブページ

カテゴリ