Powered by Six Apart

« 自作の真空管ラジオが完成。回転軸。 | メイン | LM386をワイヤレスマイクに使う。12SA7。 SSBハンドブック。 »

2018年4月22日 (日)

TA7613のラジオで通電中。

*************************

TA7613ラジオの続になる。

FCZコイルを80m用に載せ換えてみた。 IF455信号を入れると帰還発振するように体質が変わった。

033

◇ 以前の40mコイル時。

035

◇ 2枚の写真のように差はあまりない。 、、と云うことは駄目に近いだろう。

LA1600よりは耳が悪い。おそらく15dB~20dBは劣る。 455KHz信号時と比較して感度が格段に落ちる。現状はオイラの真空管ラジオより劣るので、何か信号の入れ方の工夫が必要なta7613らしい。

通電した感触ではmix部がattのような感じだ。

下写真(s/s+nで10dB時)のように455kHz信号では随分と感度よい。LA1600より遥かに感度良いので、期待してしまった。  MIX部が機能する周波数帯ではMIX部のゲインによりこれより感度よくなるのが一般的。

041

◇コイルを換えたら弾みで帰還発振する。安定性が弱い部品配置らしい。あるいはコンデンサーを追加したら安定するのか?

新ICが到着して基板がまとまったら、「TA7613で再チャレンジ」の流れだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34122939

TA7613のラジオで通電中。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ