ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 「インドの高速鉄道」に、厚生労働省の官僚で医師の大坪寛子官房審議官が何で連れて行かれてるの? | メイン | マイクアンプ :12Vで真空管を使おう。 2sk170+6ak5 »

2020年2月11日 (火)

LA1600 と LA1260 の感度差 : SN=53dB時

「感度」の定義はS/Nを基準にしています。ある一定のS/Nが取れる時の、受信機の入力(すなわち電界強度)で定義すれば比較できますね。

sanyo la1600 と la1260は おなじ「 SN 53dB 」で表記されているので、弱い電波(値が小さい)でSN53dBになるICが優れている。

さて、データシートを見てみよう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

LA1600では 80μdBV時に SNは53dB。 電源3v.

La1600sn

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

LA1260では 60μdBV時に SNは53dB。電源4.5v

La1260sn

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

80μdBV  と 60μdBVでは、60μdBVの方が小さい。つまりLA1260が感度良い。

「80μdBV ー 60μdBV = 20μdBV」 も違う。tone と供給電圧が異なるので同じ土俵ではないが、20dBと云うことはデカい。

単純にとらえると、SN=53dBになるための感度は10倍近く違う。 LA1260が随分と優れていることが判る。

SN=21.5dBになる感度差は1.5dBあり、LA1260が優秀だ。LA1260のリリースはLA1600より後発なので、SNは随分と改善されている。

このLA1260はサトー電気にはありました。若松には3個ありました。

LA1260で短波帯受信機を造れば、LA1600よりもSN良いもの(感度よいもの)が出来ますね。


YouTube: LA1260 自作ラジオ :2IC ラジオ。


YouTube: LA1600 mini radio with lm386

*****************************************


YouTube: 小型自作ラジオ:RK-44。


YouTube: 同期検波(自作ラジオ)でnhkを聴く

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34202056

LA1600 と LA1260 の感度差 : SN=53dB時を参照しているブログ:

コメント

LA1600はLA1260のリリース後、AM回路のみを切り出したICで受信感度は基本同一です。 データシートのSN1(実用感度)を確認して頂ければよろしいかと思います。 

お世話になります。特許でお名前は存じあげております。
開発責任者に立ち寄っていただき恐縮しております。
 仰せのようにsn1はイコールなことを確認しました。

ラジオIC分野では、日立・東芝より、三洋ICの方が秀でていると捉えて使っております。LA1135はやや癖があるようにも思っています。
 折をみてラジオのことを処処お教えくださいませ。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ