Powered by Six Apart

50MHz AM/DSB送信基板(SL1641) Feed

2019年12月31日 (火)

ダブルバランスドミキサー SL1641(plessey)でbalanceを取る。50MHzでam生成。

*********************************

・dbmの祖 ギルバート氏(英国人)がギルバート・セルを発表したのが1968年 於米国。 その後1970年から祖国 イングランドに戻りplessey社で実力発揮した.

・plessey SL640(641)は当時 CAN パッケージでリリースされた。 その後時流にあわせてdip品がSL1640(SL1641)でリリースされた。 米国MC1496は日本でも有名であるが、欧州ではSL640シリーズが有名である。

・左様な経緯を持つSL1641で中波ワイヤレスマイクキット(RK-62 キット)を領布中だ。

・SL1640のコピー品が日本ではNJM2594 型番で流通している。(SL640のIC chipを90度回してボンデイング。)

********************************

今日は、「50MHzで作動するかどうか?」の確認をした。 既に50MHz AM生成できるデバイスとしてNE612,S042Pを確認済みだ。

085

**********************

SSGから55MHzを注入し、低周波発信器からaf信号をSL1641に入れた。

086

******************************

VRを調整して追い込んでみた。 dsb波形ではこうなった。

090

内部負荷の割には良好である。NE612よりも使えそうだ。

*****************************

・目的とするAM波形は こうなった。上の波形の1/2周期で波高は2倍ある。づばりDSB ⇒ AMに為ったときの挙動そのものだ。 

・中波では波高さは変化なしだったが、あれは測定間違いか?? 

091

およそ50年前に開発されたデバイスだが松下や東芝のdbmよりも優れている。やはりplessey社は凄い。

088

******************

まとめ、50MHzでAM生成できるデバイスとしてこれで3つ目になった。MC1496世代だが後発のNE612よりは波形が綺麗だ。

ダブルバランスドミキサー SL1641(plessey)。50MHzでam生成。

**********************

今朝の続きです。

*******************************

1,実装した。

100

**********************

2,

osc周波数

101

102

********************************

3,

mic入力にAF信号を入れた。1.5mVほど入れた。

104

***********************

4,

出てきたAM波形。

12V印加で110mAほど流れる。 FINALへは80mA程度流れている。INPUT 800mW近傍のようだ。

103

************************

まとめ。

 支障なく50MHz AM 送信基板が出来た。

50MHz AM生成できるDBMとしてはNE612,S042P,SL1641の3種確認できた。

通算340作目。 基板ナンバー RK-83.

***********************************************

SL1640のコピー品が日本ではNJM2594 型番で流通している。(SL640のIC chipを90度回してボンデイング。)

ウェブページ

カテゴリ