ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

真空管ラジオAVC電圧でSメータ振らせよう Feed

2021年6月21日 (月)

真空管ラジオAVC電圧でSメータ振らせてみた実験1 と実験2


YouTube: 真空管ラジオAVC電圧でSメータ振らせてみた実験。

decrement agc用sメーター回路をもってきた。振れることは出来た。今日の設定ではfeelingは同じにならなかった。

 ⇒ 実験3で まずまずになった。

P1010028

********************************************************************

ヒーターからdc化する際に、ケミコンが大きいとラッシュ電流でメーターが振りきれるかどうかも確認した、

P1010022

P1010025

330uF多数にしてみた。

*****************************************************

定数を変えてみた。


YouTube: 真空管ラジオAVC電圧でSメータ振らせてみた実験 2

**************************

実験3へ続く

2021年6月22日 (火)

真空管ラジオAVC電圧でSメータ振らせてみた実験 3.

可変抵抗で値を変えてみた。ADJ1=1.3kオーム近傍が良さそうだ。

 


YouTube: 真空管ラジオAVC電圧でSメータ振らせてみた実験 3

半固定の可変範囲で納まりそうなこともわかったので、これで再手配してみる。

***********************************************************

前回の実験は、下動画のような振れかた。


YouTube: 真空管ラジオAVC電圧でSメータ振らせてみた実験 2

2021年7月 1日 (木)

真空管ラジオにSメーター。

R定数を触っていたが、この値でほどよい結果になった。


YouTube: 「真空管ラジオAVC電圧でSメータ振らせてみた」:基板確定版

Prk13402

Prk13401

通算392例目。

RK-134キットにて。

***********************************************************

ラッシュ電流で針が振れないようにC値を下げていくと、非直流具合が目立つので現値にした。好みで増減ください。

ラジオは残留ノイズ0.5mVなので入感ないと静かです。 SR-7よりSNが良いです。

ウェブページ

カテゴリ