Powered by Six Apart

メンテナンス YAMAHA チューナー CT-R1  Feed

2013年10月 5日 (土)

YAMAHA のチューナー 修理中です。

「AMは正常だけど、FMは鳴らない」からジャンクとのことで入手した。

YAMAHAのチューナーです。型式は、CT-R1。

002

オシロをつないで波形確認です。AMは 放送が聞える。

FMは放送局は聞えないが、検波以降は動作しているのが耳でもわかる。

004

FMの波形↑。

003

SGから信号を入れてみた。↑このFreqで波形が綺麗だった。

IF以降は正常ぽい。

005

FM帯の信号を入れると、フロントエンドから30dbほど弱くなってでてきた。

減衰されてでてきたので、 半導体が壊れているんだろう、、。

FM帯は、4連バリコンです。

006

パターン面が不自然に汚い。????と想ってしまった。

 メーター周辺のトランジスタがごっそり交換してあった。さて、どういうことだろう??

でもね、壊れているのはフロントエンドなのね。

007

この中の半導体が怪しいのです。

008

009

3個半導体が居た。其々の型式をノートに書き留める。

010  

ネジを紛失すると苦しいので、テープで固定。

半導体を手配してみるが、若松さんならあるかな?

このシャーシとバリコノを使って「真空管FMチューナー」も一考ですね。

011

************************

AM帯は、他励式?混合でIFは2段。

セラミックフィルターが1個 入ってます。IFTを使ってないのです。

このチューナーさん、AMの耳は6石トランジスタラジオより落ちます。

いまのところTX-40の方がAMよく聞えます。

バリコン⇔バーアンテナが遠くて、耳が悪くなってます。

バリコン⇔バーアンテナの距離は重要です。

これだけ遠いと、経験上15dbくらい失っていると推測される。

TOP PAGE

2013年10月 7日 (月)

YAMAHA のチューナー CT-R1 修理しました。

先日のYAMAHA チューナーCT-R1修理の続きです。

*******************************

前記のように、「フロントエンドがマイナス30db」になってしまうので、

半導体が1~2個 動作していないことがわかっています。

①フロントエンドのFET達をまとめて交換しました。

3SKが1個。2SCが2個です。

 

このフロントエンド、FM時には、+Bは15V掛かってます。

AM時には、1.5V印加でStand-by状態になってます。

 

FM雑音は大きくなっていたのですが、放送局を捕まえられません。

しかたないので、フロントエンドを外して単体での確認です。

フロントエンドだけ9V電池(006P)で通電させて、信号の増幅具合を見ると

まだマイナス10dbなので、 交換した半導体のどれかが不良のようです。

 

②「何が良くないのか?」 を推測して、FET or TRを交換することになります。

改めて、もう一度3SK45を別な新品に交換しました。

フロントエンド単体で測ると マイナス2dbほどになりました。 

15v印加のところを 9vで確認しているので、 「正規15vを掛けると正常動作する」ので

シールドシェルを実装しました。

③実装して、SGから信号を入れてみました。

020

ええ、普通に波形でました。

021

FMの民放を受信中↑。

良い音で鳴ってます。

022

交換した半導体たち。

今回は入手しやすい半導体でしたので、助かりました。

新品の3skは1個だめでしたが、、、。

カスタムICが壊れていると、お手上げですものね。

******************************

原因調査 5分

チュナー外し 5分

半導体交換 5分

確認     2分

半導体交換  2分

確認・調整      10分

再組立                     5分

計           35分 


以上、YAMAHAのチューナーCT-R1の修理でした。

TOP PAGE

2016年1月31日 (日)

エーユーエックス端子  TONE  AUX alternate switch

AUX端子を「エーユーエックス」端子と読むのが主流になってきているようだ。

上記ルールのように、アルファベット直読みならば、

TONEを「トネ」或いは「テーオーエヌイー」と呼んでいるはず。

「テーオーエヌイー」

でヒットしてこないが、 TONEは中学生の英語水準だからか、、。

auxをエーユーエックスと呼んでいる方は、

ぜひ同じ呼称ルールに基づいて「TONE⇒テーオーエヌイー」と呼ぶようにお願いします。 

お馬鹿なオイラは、 AUXはオックスとしか読めない。

alternate switchをアルテネートスイッチと読むと御里が知れる.

オルタネート‐スイッチと読むように。

間違って読みblogに上げていると「御馬鹿宣言」している状態だ。

オイラのように不器用、御馬鹿宣言している仲間かな?

まあ、オイラが世話になっている会社では、基準点を「origin」でなく 「base hole」と表記させるからね。そのルールに従うとbase ballは「基準球」になるね。

エーユーエックス端子と呼称する貴方に、問う。

CATをどう呼称します?

CATをシーエーテと呼んでこそ呼称ルールが一致します。

一つの頭脳にルール2通りは無理ですよ。

******************************

12月29日朝追記

youtubeに 「aux meaning」があった。


YouTube: Aux Meaning

ポピュラーな読み順に発声していると想うが、

英語圏の方は、「△△」と読むようだ。

仕事で米国人と接触した折には、「エーユーエックス」とは呼称していなかったナ。

AUX (for AUXiliary)


YouTube: EOB Meaning

***********************************

国の調査では、

高3対象の英語力調査公表

 7~9割が中学卒業レベル以下

とのことでまともな力を有するのは2割り前後らしい。

そりゃ、基準点をbase holl と呼ぶわな。

auxは読めないし発音できないわけだ。 

そもそも中学卒業レベル以下ってのは、中学1年生レベルなのか? そんれより低いのか?

2016年11月 3日 (木)

「ラジオのノイズ」考

******************************

「ラジオのノイズ」考。

耳で聞いて文字で表現すると「ノイズ」の表記になってしまうが、

ブーンと聴こえてくるのは、電源100vの50ヘルツ あるいは60ヘルツの交流分が聴こえてくる。全波整流していると、倍数の100或いは120ヘルツで聴こえてくるのは、皆様がご存知の通り。

さて、SP端子にオシロとVTVMを接続し、真空管ラジオのVRを絞り、周波数ツマミを触って受信周波数を変化させてみよう。 周波数変化に伴ないオシロ上での波形の大きさが変わることが体験できる。VTVMの値の変化をメモしよう。

VRを絞っているのに、何故信号の変化具合がオシロで判るのか?

ラジオはRF部を持っているので、VRを絞ってもRF部信号がコールドから入ってくることはオシロを眺めていれば誰でも判るほどの基本だ。電子はマイナスからプラスへ流れることは中学物理で教わってきたね。

オシロを眺めていると、「RF部の漏れなのか?」は上記のように判断できる。

  真空管によっては、オーバーシュート波形(オシロ上)が出る球もある。この場合はその球を交換する。

電源回路の平滑回路の段数が不足かどうかは、+Bのリップルをオシロで見る。20mVくらいのリップルならば平滑回路の段数は足りている。 5mVまで下げれば good.

コンデンサーの容量よりも、段数の効果があることは先達が発表された表を見れば理解できる。

ST管IF2段スーパーでの波形を参考にUPしておこう。

6Z-DH3Aの1番ピンは接地する。理由はここにある

005

間違っても6Z-DH3Aの6番ピンを接地したり、 平滑回路の接地側引き回しをしくじらないこと。修理済み品(ST管、ミニチュア管)をYAHOOで見かけるが、かなりの割合で配線が間違っている。

メーカー製ラジオ(ST管、ミニチュア管)では、だいたい平滑回路の接地側が下手。その結果ブーン音が強い。真空管ラジオ(ST管、ミニチュア管)を手に入れたら、まずは配線と接地ピン番号を疑うことからのスタートをお薦めする。

004

  「330+330+330Ω」の3段で、だいたいこの程度になる。計990Ω。1目盛りで20mVゆえに、レンジで5~6mV程度だ。1KΩの1段より格段に良い。

+Bの5~6mVは出力トランスのOUT側で「幾つの数字になるか?」は、中学生算数の範囲だ。

その計算が出来たなら、+Bのリップルが200mVの場合は、どうだろう?

まれに3端子レギュレーターを採用した製作例があるが、それが起因になるノイズ(電波)はすでに ご紹介した通りだ

オシロを眺めて ノイズ対策されることをお薦めする。

ウェブページ

カテゴリ