Powered by Six Apart

« 2016年9月24日 | メイン | 2016年9月26日 »

2016年9月25日

2016年9月25日 (日)

プレート検波。グリット・リーク検波。 2極管検波。 検波考。歪み率。

00455e9athumbnail2

************************************

同調回路のQ プレート検波で検索すると、深い情報も見つかる。

オイラのような機構設計者が、弱電検波回路に言及するのは身の丈を超える。プロの電気回路設計者が数値式で、プレート検波を解析してくれると想う。

繰り返すが 先達の本を読むように、、。


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

上の動画は再生式ラジオで受信周波数をデジタル表示させたもの。今のところ日本では初めてらしい。

***************************************

昭和30年代のとある「初心者向けtext」からごく僅かお借りしてきた。 初心者向けなので、お馬鹿なオイラにも理解できる。

歪み率に注目しよう。

①プレート検波

「一部では音が良い」との記事も見かけるが、「真実はどこにあるのだろう」と初心者向けtextで確認した。

131

上記図のように,歪み率はほぼ10%以上。よい処で8%。 この歪数字で音が良いと言われるのは、流石に腰が引けてしまう。

入力を1.5~2.5Vで使うと8~10%の歪みに納まりそうだ。

球で増幅している分、outは出る。

1V 入力ならば20V出力なので 電圧は20倍(26dB)と,ずばり球1個分の増幅度。

②グリット・リーク検波

再生式ではポピュラーな検波方式。

132

注目の歪み率は、プレート検波よりも小さい。半分というか1/3というか確実に歪みは小さい。

入力を0.2~0.4Vとし、グリット検波使うと歪み率は2~4%。プレート検波では歪み率10%。あなたはどちらを使いますか?

0.1V 入力ならば1.5V出力なので 電圧は15倍(24dB)の増幅度。プレート検波よりやや増幅度が落ちているが定数次第だろう。

③2極管検波

スーパーラジオでお馴染の回路。

133

1Vも入力させると、歪み率は1%以下になる。 プレート検波、グリッド検波より1桁以上goodだ。

入力10Vでも3Voutゆえに入力レンジは 他の回路より広い。

2極管検波の信号を25dB程度増幅すれば、出力レベルはgoodになる。

  試算すると、           

★1   2極管検波+6AV6増幅  1v入力+25dB増幅 ⇒ 出力20v 歪み1%

★2  プレート検波         1V入力    ⇒ 出力20v 歪み9%

どちらを選ぶかは、お好みによるが、歪みの多いものを選択するゆとりはオイラには無い。

初心者むけTEXT」には基礎情報が載っているので、入手し読むことをお薦めする。

***************************************

複合管の登場以前ならば、グリッド検波 VS プレート検波で回路検討するのだろうが、6Z-DH3Aや6AV6のような複合管が市場登場したので、「2極管検波+3極管増幅」が歪み率と音量面からもgood。

以下、ラジオ工作の基本だが

①加えて、検波回路とAVC回路は其々別にすること。 

②IFTの直後に検波素子を入れるとIFTのQが下がる

③6AV6,6Z-DH3Aのヒーター・ピンはどちらの方をアースすべきか? ここ。

オイラのサイトの訪問者は上記3点 ご存知のはずだね。

2球レフレックスにしたい

 

150228005

*************************************

ケ-スはs-9.

NPOラジオ少年の1RW-DXと同じX・Y・Zサイズ。

このサイズには3球スーパーを載せたこともあるが、1~2球が妥当だと想う。

強電界では「再生式グリッド・リーク検波(1:3トランス式)」+「AF 1段」を採用すればラジオが聴こえる。中電界なら AF段にもう1段増やせば聴こえる。

オイラの環境は弱電界なので、RF あるいはIF増幅のあるラジオはmust条件。

過去記事のように6EW6+6EW6の2球レフレックスで聴こえた。

1球レフレックスは3~4台自作した。6GX7を使うとマタマタ登場で芸がない。

2球レフレックスにしたい。

134

6EW6はヒーターが0.4A。+Bが10mA。

2本使いならばこの電源トランスだとやや非力。

135

配置が苦しい。はみだしてしまう。

ヒーターが0.15Aの6HB6が手元にあるので、これを使いたい。ちょっとモーが低いけど。

もう1種類ヒーター0.15Aをもっている記憶だが、発見できていない。

6DK6のモーが高いのでこれ2本でも良さそうだ。

と少し悩みながら球を選んでいる。

前記事のように、検波回路で歪みが全くちがう。本機は配置上ダイオード検波になる。

ウェブページ

カテゴリ