Powered by Six Apart

« トランジスタラジオキットで う~ん発振トラブル?? 検波のLPFの定数はどうする。 | メイン | 同調回路のQ プレート検波 »

2016年9月24日 (土)

同調回路のQ

018_o

019_o

*****************************

昭和25年発行の雑誌から、、。 著作権は没後50年有効なので、さらっと。往時70歳ならば50年は経過している可能性はあるが、70歳で出筆は考えにくい。all copyだと法的には100%アウト。

著作権をneglectしていると思えるsiteもあるが、合法性の証左が求められる。

①同調回路のQ

120

②IFTに2極管検波が接続されて、Qが低下。

121

標準的な5球スーパ(6Z-DH3Aなど)で「IFTコイル⇒検波管」の場合。

IFTではQを高める工夫をしているのに、それを下げてしまうのはかなりもったいないね。

「IFTコイル⇒C(結合コンデンサー)⇒検波管」だと上図とは違ってくる。

まず、古書を読むことをお薦めする。WEBで知識収集でなく必ず本を読むこと。

O-V-1回路。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33947817

同調回路のQを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ