ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 今日はFAXが故障したので10時で締め切りますた。 | メイン | 7MHz モノバンド AM トランシーバーの受信感度(量産型) 。 »

2020年7月22日 (水)

Plessey「SL1641C」を使った作例。トランシーバーとワイヤレスマイク

SL1641の50MHzトランシーバー 。

2020年4月からリリース。

Rk8903

Rk8906

このtrx基板は7月からサトー電気(町田)でも入手可能。

*******************************************

50MHzのAM送信機(SL1641)。RK-83。

2019年12月から公開中。

50MHz波形を見るには、200MHzオシロくらいは必要。

Rk8306

Rk8308

Rk8301

******************************************************************

これは 中波帯ワイヤレス(SL1641)。 LC発振。

2019年8月から公開中。基板はRK-62、 サトー電気にて基板販売中。

20MHzオシロでも波形確認できるので、ここからスタートすると技術面で楽である。

Sl164108

Sl164107

Sl164105

Sl164103

****************************

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34212975

Plessey「SL1641C」を使った作例。トランシーバーとワイヤレスマイクを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ