ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« ck-606 :未組立 | メイン | 結局首都圏からのgotoを推し進めて、日本経済を破綻させる政策を実施中。 »

2020年8月 2日 (日)

AMトランシーバー基板:名刺より省サイズ。

小型トランシーバーと聞けば、思いつくのはポケトラ(JH1FCZ氏)。40x90mmに部品が載っている。

ポケロクも市場にあるが、FM用デバイス利用し「クリップした振幅変調にしかならない」ので、あまりお薦めしない。

**************************************************************

小型のAMトランシーバー基板を興してみた。 名刺と基板の大きさ比較中。

001

**********************************************

重ねるとトランシーバー基板は21mmほど小さい。

002

***********************************************************

内容は

1,先日の7MHzトランシーバー基板(RK-96a)から、 LC-OSC部を外して小さくした。

2,RX側はSFB455にして投影面積を減らした。シングルスーパー。la1600+lm386 ⇒ sp

◇◇◇投影面積は 372平方mmとなり ポケトラの360平方mmより5%ほど大きい。

プロト基板は5枚。年内にはまとめたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34213643

AMトランシーバー基板:名刺より省サイズ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ