Powered by Six Apart

« ステレオアンプキット AMP-MINI  (6AB8) 製作 その2 | メイン | ラジオ用アンプを造っています。6AC7,6SJ7,6V6 »

2013年9月 1日 (日)

ステレオアンプキット AMP-MINI  (6AB8) 製作 その3

雨が降って、やや涼しいですね。

ガソリンはまだまだ上がるようで、 物価上昇を目指すアベノミクス政策と
見事に符丁があいますね。

「正社員の人数が減って、アルバイト要員が増えただけ」が過日公表された政府統計でもわかりますね。

今世紀の新植民地主義のもとで、「日本は 誰に尾っぽを振っていくのか?」が気になります。

**************************

ステレオアンプの続きです。

サイドパネルをつけました。

001




002

003

004

ラチェット式を使うこともなく、取り付きました。

SPから聞えるヒーターハム音は、前記のように1.5mVとごく普通です。

(電源トランスからの誘導が出力トランスに届いていますが、、。)

気にする方は球を選別して、低ヒーターハムの球を挿してみてください。

或は、6EH8に換えるとヒーターハムは下がります。

このキット、かなりお薦めですね。

IN 0.5Vくらいで フルパワーになるようです。

チューナー側が いまのところ、その0.5VもOUT-PUT出来ないです。
載っている球数からすれば、0.5Vは出そうなのですが、、、。

オリンジナルからの変更点は、平滑回路の段数だけです。
加えて、680μFを1コ使ってます。

あとは、「アースをどこの一点にするか?」ですが、

平滑回路、最下流のケミコン(680μF)に、グランド線を集めました。

****************************

以上、AMP-MINIの製作記事でした。

下の写真は、ヒーター電圧をシリコンブリッジで整流した波形です。

60hzx2=120Hzの波形になっています。

リップルで0.1vはありますね。⇒記事

024

ST管はお好きですか?


YouTube: はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

 
TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31814403

ステレオアンプキット AMP-MINI  (6AB8) 製作 その3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ