ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 熊本スタンダード ssb : cq誌1981年 7月号 | メイン | ダイレクトコンバージョン受信基板 (7MHz):SN16913. »

2020年1月11日 (土)

4石スーパー:ST-32 特性の続。

La1600zx14


YouTube: ラジオ工作 段間トランス  6GX7 レフレックスラジオ


YouTube: 12Z-E8 マジックアイ RE-860

*****************************

 ・サンスイ小型トランス ST-32の周波数特性をみたら、蝙蝠さんの会話周波数(43kHz)で最も出力してきた。 ヒト向きの設計品でないことを確認した。 そこでST-32をゴミ箱に捨てて 2石アンプをトライしてみた。  2石 AF アンプはdirect driveにしたら、周波数特性が1000kHzまで平坦だった。IF=455kHzなので検波しきれないIF(中間周波数)がそのまま 増幅されてしまう。 ダイオード検波だと90%台後半の能率なので、数%は455信号のままでおよそ電力ゲイン53dBも増幅されると、 はいIFTに飛び込んで帰還発振します。

 これが前回までの到達点。

・WEBをあちこちST-32確認したが「特性計測しない。性能確認はしない」のが主流。端に「何も考えずに使っている」ようだ。「己の頭で思考しない」とは非常に現日本人らしいね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ST-32は廉価でないので、もうone chance を与えようと 通常の回路で新しく配線した。ST-32はコレクター側につるした。

右がアンプへのIN.

左がスピーカー端の波形

22

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

少しさげて250Hzにした。 おっと出力の相が可笑しい。う~ん、拙いね。 周波数を下げるともっと酷くなるね。ラジオは多数触ってきたが、一番酷いと思う。参ったね。

23

まとめ。

・やはり駄目ぽいね。ヒトの音声域では使えないね。皆、よく使っているねえ?? 「赤信号、皆で渡れば怖くない」の世界のようだね。

*********************************************

スピーカーにDCを流した場合のムービングコイルの動きを診た。 電位差は0.3V。 市販アンプの保護回路の作動下限より随分低い。

ミツトヨので最大1μm動く。

コーンの弾性があるので、コンタクト式では実測しにくいが何度みても最大で1μm動く。ウエイトキャンセラーを付けて測定するのが正しいが、コーン張力も数値で捉える必要がある。これをやるには装置ぽくなる。オイラの本業の世界に為る。

24

コーンのフォームで、レーザー測量は無理。 画像でも計測無理。HDDのmoving head ギャップはおよそ1μmだが、それとて画像検査はスキルが必要だ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「3V駆動でゲインの取れる2石アンプ」を諦めると進むが、工夫を思案中、。

DCがSPに流れる使い方の例。dc電流で駆動する。

18_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34200001

4石スーパー:ST-32 特性の続。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ