Powered by Six Apart

« 簡単な4石FET式中波ラジオ (JF1OZL氏に感謝候) | メイン | 4石スーパー:ST-32 特性の続。 »

2020年1月11日 (土)

熊本スタンダード ssb : cq誌1981年 7月号


YouTube: FU-1000  ビクター FMチューナー  修理中


YouTube: Low noise only 0.4mV: output speaker.

***************************

以前にまとめてみたダイレクトコンバージョン(市販キット) ⇒詳細

06

************************************

自作のデフォルトスタンダードであった「熊本スタンダード」は、この号に登場している。 近年自作を初めた方向けに列記しておく。当時のオイラは自作に興味はなかったが、本号は持っていた。

のちにジャーナルno44にもあるが、その記事よりは本誌1981年を読むと理解が深まる。

017

 

17

・基板の実寸つき記事。

20

********************

オイラのAMトランシーバー基板を載せて、大きさ比較してみた。50MHz AMトランシーバー。

21

********************

先日の実験で、M28Sは200mA入れるとやや熱くなることが判った。150mAならば常温だった。、、と云うことで このトランシーバー基板の終段150mAは流せそうだ。(80mAは昨年確認済み)

 P1010019

journal no,44よりは 1981年記事が良い。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34199965

熊本スタンダード ssb : cq誌1981年 7月号を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ