ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« Plessey「SL1641C」 ダブルバランスド・ミキサ- | メイン | サンデン飛ぶ »

2020年6月30日 (火)

ダイレクトコンバージョン受信機 製作。CA3028-DC. 7MHz DC 受信機

何台目かになる7MHz DC 受信機 。感度は一番good.

******************************************************************

①ca3028を使ったダイレクトコンバージョン受信機 製作。

前回はrfがsp端に漏れてきてしまったので、対策してみた。

高周波増幅はない。これはrk-50と同じ。

Rk9102

Rk9101

******************************************************

通電した。 6Vで鳴らす。

rfの漏れは判らない程度に弱くなった。

感度面ではne612(rk-50)と同等か やや良いと想う。

rk-50は自励、 この基板は他励なので同じ物差しでは測れない。

Rk9103

*************************************************************

Rk9104

******************************************************

ssgに変調を掛けた。 am電波になるがプロダクト検波なので包絡線の検波は厳しい。

しかし、プロダクト検波を入力信号と同期させると聴こえる。それが同期検波と呼ばれる。

Rk9105

***********************************************************

(s+n)/n=10dB時のSSG値.

10udBvの1/2が基板のアンテナ端子にかかっている。

Rk9106

・0udBvの信号も聴こえることは聴こえる。

・RF増幅レスで ここまで聴こえれば感度としては良いだろう。NE612やMC1496より7MHzでは感度が良い。

・他励強さは0.7V位が良いと想う。1Vは入れすぎな感じだ。 感度を落として使う場合には0.5V位に下げる事をお薦めする。

・電源電圧は6V.

***************************************************************

通算393作例。

基板ナンバーはRK-91. 回路図はいつものpageにて公開。この基板はサトー電気(町田)に7月に入ってから扱い予定。

感度比較にNE612-MINI

612mini03_3

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34210222

ダイレクトコンバージョン受信機 製作。CA3028-DC. 7MHz DC 受信機を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ