Powered by Six Apart

« 車速度センサー: ブレーキシステム(ダイヤフラム式センサー) | メイン | ミニラジオ基板シリーズ:LA1600,TDA1072,TA2003,3石ラジオ、NE612ミニ。 »

2019年4月22日 (月)

SN16913でAM/DSB 送信基板。

*********************

DBMの「SN16913」は非常に人気だったデバイスだ。

いまデータシートを探っても発見できないが、「AF信号を2番に入れた回路 または 5番に入れた回路」の2通りが出回っている。

その実験も兼ねた。

電源とAF信号、それにキャリア(SSG 無変調)をいれるように実装した。

2番ピンにAF信号を入れる。

031

搬送波は86dBuV.

032

搬送波を強くした。下半分が来ない。 100dBuV=100mV.

dBuVは開放端での値表示。40~50では不足。

033

この位いれて、この波形。

120dBuV=1V 

130dBuV=3.1V

136dBuVでこの感じ、搬送波は0.5V以上必要なことが推測できる。 キャリアを漏らしている状態(AMモード)。

データシートにはMax500mVとあるが、それでは不足の気配。

5番ピンにAF信号を入れると波形がでてこない。、、と2番ピンで正解だ。AF信号入力端でキャリアリークさせるのでVRは2番ピンに接続。

034

キャリアのもれを最少にした。 DSBの波形。

波形はMC1496より劣る。NE612とこのSN16913はではNE612の方がやや良い。

035

2N5109にしてみた。50mAは流せるだろう。

041

下側波形で、明るくなっている箇所がある。TA7320と同じ波形が」でてきた。

 キャリアバランスでは補正できない。 内部の負荷Rがアンバランスらしい。

波形面では MC1496 > NE612 >SN16913,TA7320 となる。 

キャリア注入量は暫定1.5V.

042

043

ラジオで聴いてみた。

正常に受信できた。

044

「TA2011S+ NE612」では 波形ピークは正常だったが、 「TA2011S+SN16913」では 波形ピークが歪む。

 今回は、TA2011Sの後段のLPFが必要なことも判った。 搬送波はこれより弱くてもよいらしい。その当りを訂正したい。

2N5109はmAが小さいので、2SC2851か従来のM28Sに戻そうと想う。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34176666

SN16913でAM/DSB 送信基板。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ