Powered by Six Apart

« TA7358は歪む。  | メイン | 「中波帯ワイヤレスマイク」とアンテナ線とのマッチング考 »

2019年4月23日 (火)

SN16913でAM/DSB 送信基板。 やや変更して手配。FINALは2SC2851等

先日の実験を受けて、TA2011Sの動作開始を可変できるようにVRを入れた。 TA2011S マイクコンプレッサー基板と同じく可変にした。

045

COMP後段にはLCRによるLPFをいれて、FINALは2SC2851等が載るようにした。AMとDSB波が出ることは確認済み。

OSC信号をTPから取り出せるので、ダイレクトコンバージョン受信機とでセットになる。バッファーとファイナルの+Bは通電/非通電の選択ができる。

◇DSBの受信には 「NE612ダイレクトコンバージョン受信機」RK-22を推奨。

次はこの基板領布

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34176867

SN16913でAM/DSB 送信基板。 やや変更して手配。FINALは2SC2851等を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ