Powered by Six Apart

« スマホを真空管ラジオ(自作)につないでみた。「2極管検波の歪み率」と「AF部の歪み率」ではどちらから改善させるか? | メイン | 7.181MHz水晶で発振させる。 MC1496(njm1496)を使う。 »

2018年4月29日 (日)

バックライト式 「ラジオLCD表示器」。

*******************************

SC3610を使った表示器はLCD式になる。

以前のこれ

0

◇一昨年からずっとバックライト式LCDがリリースされていたので、試作を始めてみた。

上のLCDとは天地逆にLCDを取り付ける必要がある。

061

発光色はケルビンが高いらしく青白い。

062

◇FM帯はupper IFなので欧州向けのIC. upper だと日本国では「NHK 教育」の周波数に近接するのでlower IFに定まった経緯がある。 分科会で審議されたことが古書にあったように記憶している。政府記録も公開請求すれば出てくるだろう。或いは通達で出ていると想う。

「受信周波数+10.7MHz」でfmラジオを製作販売(対価交換)すると拙い。この辺りは70歳以上の方ならご存知。 

と云うことで このICは「OSC-455KHz」と「OSCー10.7MHz」で使う。

063

ICでの設定は下記になる。日本国内メーカーのFMラジオには、このdisplay ICは搭載無理。

064

065

輸入販売されているFMラジオはupper IFなので、それには使える。

**************************************

 ラジオカウンターへの信号供給は、LC7265のでは この記載のように過小でも過多でもダメだ。ICのデータを見ることもなく半田実装する蛮勇者もかなり存在するらしい。

実装前にICデータを見ることは、基礎の範疇だと想う。

◇SC3610では

これは信号過多。

066

これは適正入力。

067

P1010002

此れは信号強さが不足。

P1010004

概ね120~128の範囲が適正。 レンジで10dB弱ほどだ。

バックライトの電流制限は固定抵抗⇒可変抵抗に換えたほうがよさそうだ。

、、と基板を修正中。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34124112

バックライト式 「ラジオLCD表示器」。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ