Powered by Six Apart

« 真空管ラジオ用出力トランス 特性をみた。6BY6,6AL5,6E2 | メイン | 真空管ラジオの感度考察 »

2016年5月 1日 (日)

ワイヤレスマイク工作 GT管 。マツダの6SQ7 その1

45814102q11q9

****************************

カタカナの「マツダ」の文字が読める6SQ7。

002

部品は載せた。

003

001

「6SA7(ST管なら6CW5)のg3にどの程度の信号が入ると飽和するのか?」は

2012年に 実験して確認済み。

g3の抵抗値も高くても低くてもNGぽい。 具合の良い抵抗値がある。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33814215

ワイヤレスマイク工作 GT管 。マツダの6SQ7 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ