Powered by Six Apart

« ST管にマジックアイ6BR5。5球スーパー 2バンドラジオ製作。 | メイン | NF型トーンコントロール付きST管スーパーラジオ(7球 中波・短波 2バンド)製作 »

2017年4月19日 (水)

NF型TC付きST管スーパーラジオ

**********************************

浮遊容量について、その傾向がわかった。

さてTC付きST管スーパーラジオは感度良くなりすぎだ。従来のケースより1サイズUPした結果、第一IFTと第二IFTの距離が離れたのでIF部のゲインを上げれた。

043

AF部は、IN⇒SP端で丁度30dBも取れた。この数字が小さくないことはラジオ工作者ならわかるだろう。

「過入力時にはAF部で どのステージ(段)で飽和させるのが良いのか?」あなたはそれを考慮して、実装してますか?

ラジオ製作記をみてもRF部のAVCは情報があるが、AF部での過入力についての思想が少ないのはまあ不自然だ。 オイラはオイラなりに常々悩んでいる。

044

全体にゲインが余るので、さてどうやって減らそう??。

短波は3バンドOSC基板が役に立っている。短波のアンテナコイルは明日巻いてみる。

TC(トーンコントロール)部ではマイナス5~10dBになれば全体としてOKだろう。

磁気アンテナなのでJIS準拠するにはオイラのようにループアンテナ(目黒製)で電波を飛ばす。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34056097

NF型TC付きST管スーパーラジオを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カテゴリ