Powered by Six Apart

« NE612 式 AMワイヤレスマイク (トランスミッター) の自作用基板が完成しました。キットはyahooにて。 HAM RADIO | メイン | 古備前高綱太刀 附 朱塗鞘打刀拵 »

2018年9月24日 (月)

AMチューナーIC LA1247 基板。

***********************************

オーディオメーカーが 「10番ピン ⇒ C R ⇒ 11番ピン」の使い方をしていたのでLA1247基板もそうした。

070

(S+N)/N =10dBとなる SSG値。

071

メータも振れた。ここが上限。もう少し振れてもよいが、、。

073

ポイントは周波数カウンターへ渡す信号をあまり増幅しないことだ。 

FCポイント端でRF2Vもあると、回り込むことが判った。

074

LA1247は 高周波増幅内蔵だがその負荷はLC共振ではない。この辺りに留意する必要がある。似たICのTDA1046では高周波増幅内蔵だが外部LC負荷になる。

カウンター用ポイントを以前の位置に戻して確定版になると想う。20番ピンからの出力では自作カウンターは動かなかった記憶だが、再確認する。

**********************

9月23日 追記

20番ピンから信号は、JH4ABZ式表示器で周波数表示できた。 FC用回路は撤去する。

回路図中C17⇒104にすると発振が強烈になった。 R8,C17は不要ぽい。

R72⇒1.5kにすると 程よく発振した。 R72⇒0にしても 軽微な発振。

9番ピンでの吸い込みは465や460kHzの方がよい。 IFTを455にするとピークがふたつみれる。(CFWM455を入れると460のピークは見えなくなる)

AGCが効き出す強さのRF信号が入ると、発振は治まる。R5=1kが良い。

14番ピンは固定9V,8番ピンの電圧だけを下げていくと発振が強くなる。バランスがあるようで、RF V=IF Vが最もよい感じ。電圧を下げてゲインを下げるには供給7V以下の範囲らしい。他の指標からは8Vでは供給したい。

「13番ピンへのコンデンサーは バーアンテナから離せ」とあるので、基本ゲイン過多の設計らしいこともわかる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34145016

AMチューナーIC LA1247 基板。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ