Powered by Six Apart

« 電池管 2球レフレックスラジオ その1 | メイン | 再生式 3球ラジオ (6688+6688+6LF8) その1 »

2012年8月16日 (木)

電池管 2球レフレックスラジオ その2

その1の続きです。

再生式ラジオ2R-DCと比較してみました。

↓左が1年前につくったラジオキット2R-DC

059 

↓耳 。2R-DC。SGは82db.

058

↓耳 。レフレックス。SGは86db

060

.レフレックスの方が、4dbほど耳が悪いです。

以前の実験では、レフレックスの方が良かったのですが、、、。

使っているパーツで決定的に異なるのは、バリコンです。)

ラジオの世界は奥が深いですね。

この電池管ラジオキット 2R-DCは、再生式で鳴らすのが良いです。

*******************************

使っているパーツで決定的に異なるのは、バリコンです。

「ポリバリコンとエアバリコンのQ差に起因する?」と想像中です。

Qメータを持っていないので、真相はわかりません。

真空管ラジオの実験は、ここにまとめてあります。

*******************************

この2球レフレックスラジオは、普通に聞えています。

おじさんの田舎でも聞えるので、耳の面ではOKです。

散歩のお供に持っていけますね。

061

↑103の入る場所が、間違ってますね。実製作される方は留意してください。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29557397

電池管 2球レフレックスラジオ その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ