Powered by Six Apart

« 電池管 2球レフレックスラジオ その2 | メイン | 再生式 3球ラジオ (6688+6688+6LF8) その2 »

2012年8月21日 (火)

再生式 3球ラジオ (6688+6688+6LF8) その1

先日、電池管レフレックスより、再生式が耳良かったので、

レフレックス vs 再生式 の優位性を再認証しようと
再生式ラジオを製作しはじめたところです。自作になりますね。
066

いつものように、1球は複合管を使おうと想ってます。

筐体に比べて 球数が淋しかったので、
ダミーで1球載せます。(ヒーターだけ点灯させます)

(後記ありますが、追加でCK6688載せました

065

球種は、まだ未定。
チョークは、ラジオ少年の200ヘンリー。
多分、1:3トランスにUP予定。

レフレックスラジオの折りに、

抵抗負荷、チョーク負荷、トランス負荷と行ったので

ゲイン差も理解しています。⇒記事

耳の点では圧倒的にトランス負荷ですね。

日本放送協会さんのS30年代の本にも、上記3負荷のdb差が表で記載されていました。

オイラは、「50年前の常識のことを体験して覚えつつある」状態です。

**********************************

平成期の雑誌での製作記事を見ると、抵抗負荷が目につきます。

これは耳の点では薦められませんが、音質面では一番フラット特性なので、悩む処ですね。

球数の少ないラジオで抵抗負荷だと、オイラの環境では、放送が聞こえません。

耳優先で、今回も インダクタンス負荷にします。

*********************************

2012/Aug/20追記

夕方は涼しくなりましたね。

前進中です。

067

*********************************

2012/Aug/26追記

079

1通り部品をつけたつもり。

スクリーングリッドの電圧で正帰還(再生)を調節します。

落ち着いて配線の確認します。

**********************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29593427

再生式 3球ラジオ (6688+6688+6LF8) その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ