Powered by Six Apart

« 2号機「真空管FMワイヤレスマイク」の自作 | メイン | 電池管 2球レフレックスラジオ その2 »

2012年8月16日 (木)

電池管 2球レフレックスラジオ その1

お休み最後の日ですね。

ご先祖様に挨拶する盆も、今年も無事に過ごせました。

オイラもご先祖様に感謝しております。

時々、鎧姿で現れるのは、また別な武者でありますね。

「旗印の紅は、南天より染め出しもの成り」との仰せを覚えておきまする。

梵字を送っていただきしも、読めませぬ故、申し訳ありませぬ。

*********************************

昨年8月に、電池管の再生式ラジオ2R-DCを造りましたね。

今日は、電池管を使った「2球レフレックスラジオ」を製作してみました。

ベースキットは、ラジオ少年さんのラジオキット2R-DCです。

良心的価格で領布されており感謝しております。

この2R-DCは、真空管の世界の入り口に良いラジオキットだと想います。

↓必要なものは、キットパーツの他に、検波系のCR・ダイオードとAF負荷用トランスです。

050

051

↓母線を這ったところ。負荷のチョークは脚を天側になるように組直します。

052

↓レフレックス部の配線は、4番ピンを利用しました.

055

↓検波は、ゲルマダイオードの倍電圧。

043

↓完成。AF部の負荷は、2R-DC(インダクタンス負荷)と同じST-30。

手元にあったのでST-30にしました。

057

↓SGからの波形。 測定器への100Vノイズを拾ってます。

056

問題もなく普通に聞えてます。

調整する内容は、耳がよくなる位置にアンテナコイルを持ってくるだけです。

(受信可能帯域と相互関係にあります)

回路図は、その2にUPします。

***************************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29557135

電池管 2球レフレックスラジオ その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ