Powered by Six Apart

« 耳改善 | メイン | 6AB8⇒6EH8に球換え。その1  (ラジオ少年  1RW-DX) »

2011年9月10日 (土)

2R-DC その後    抵抗負荷⇒インダクタンス負荷

**********************************

ラジオキット2RDCの続きです。

003

ボンドで固定。

2R-DCは「KIT-10  1IC+2TR」 よりも聞えます。

*************************************

追記                  抵抗負荷⇒インダクタンス負荷

オリジナルでもそこそこ聞えているのですが、2R-DCのAF出力UPさせてみました。

抵抗負荷よりもインダクタンス負荷(チョーク或はトランス)方式が、出力を取れます。

(抵抗による電圧ドロップから解放されます)

095

↑100KΩの抵抗負荷(原回路のまま)

波形が揺れているのは、測定器へのAC100Vラインノイズを受信している為です。

(電灯線からのノイズ 恐るべし)

092

↑VRを外して、「ST-30が置けるか?」を確認。

093

 ↑置けたので、2RーDCの100KΩ⇒ST-30に換装しました。

ST-30センターの赤線は、カットします。

ST-30はリード線が天側になるように両面テープで固定。

(今回はトランス後付けですので、

新規製作ならばST-15やST-16の1次側がよいだろうと想ってます。サイズは未確認)

094

↑バルボルのレンジで2レンジUP。

幾つかラジオ少年(NPO)のキットを造りましたが、

「製作者が好みに応じてプラスαできるように考えられている」ようです。

なかなか奥の深いキットを配布していただいて、感謝しております。

096

**********************************

追記2012/Sep/10

電池管3A5FMワイヤレスマイクも面白いです。

**********************************

TOP PAGE

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ