Powered by Six Apart

« イスペット AM/FM ストレート ラジオ キット | メイン | う~ん。安くなった。 »

2011年8月18日 (木)

2R-DC 2球再生式 電池管 ラジオ キット

盆も過ぎたのに、まだ暑いですね。

所用が午前中に終わったので、ラジオキットつくりです。

ラジオ少年2球電池管ラジオキット(再生式)2R-DCです。

電池管は初めてなので、わくわく感があります。

パーツ数は少ないです。

1201

ささっと半田付けです。

ピンセットがあれば便利です。

1202

104マイラーが大きそうだったので、セラミックにしてあります。

高圧は9Vx4=36Vが推奨のようですが、今日は27Vで駆動です。

SWオンで、サー音が聞えて 一安心。

1203

2R-DCを持って移動すると、電池管特有のカンカン音が遠くで聞えます。

再生のかかり具合は、とてもスムーズです。帯域は480~1450Khz。

本機の感度ピークFがまだ、理解できていません。

巻数が2回ほど多い感じもしますが、土日に感度は追い込んでみます。

波形はこんな感じです。

1204

出来上がりが夕方6時でした。、

鉄筋住まいなので、いつものようにループアンテナをつけます。

幾つかのビート音が聞えます。

2R-DCで、「NHK第一」と「第二」の入感が確認できました。

民放はさっぱりです。(サテライトまで35Km)

1205

拡大図。

予想より聞えました。

2球の電池管でこれだけ聞えればOKです。

中電界に住んでいる方には、よいアイテムだと思います。

8月20日 追記

庭に持ち出したら、民放も聞えました。

これよりは、はるかに具合よく聞こえてます。

歩きながら「真空管ラジオで放送を聞く」ことが、出来ました。

散歩のアイテムとしても、趣があります。

HI-VOLTも低いので、真空管ラジオを初めてつくる方には

ベストなモデルだと思います。

8月27日 追記

2RーDCを持って、信濃四谷に夕方行きました。

しっかりと5局聞えました。

予想より聞えてますね。

9月10日 追記

抵抗負荷⇒インダウタンス負荷に変更しました。⇒記事

耳upです。

2012/Aug/18追記

このキットをベースにして、レフレックスも製作しました。⇒記事

TOP PAGE

 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ