Powered by Six Apart

« 自給率は1%です。 それでも「国産品使用」と宣伝できます。 | メイン | LCD周波数表示器の基板をサイズ変更⇒アルミ等金属パネル向け »

2017年11月 5日 (日)

7石式中波トランスミッター基板。その3。飛びすぎです。UEW0.14径に換えた。

****************************

昨日の続きです。基板が熱を持ったので線径を0.14mm径に上げた。この径だと40mA程度はOK.

巻き数は0.1径時の6割しか巻けなかった。2次側は同じ巻数。 1次側:2次側の比が上がったので、2次側OUTも増えた。

015

◇下のオシロのようにPEAK TO PEAKで200Vほどになる。良い子は真似をしないように、、。

016

◇さて、 実際にラジオで聴くと、RFの信号が低周波発振器からの信号線に廻り込む、回り込む。「ラジオマイクでここまでRFが回り込むのか?」と驚きつつ、 段間トランスを離調して出力を減らし、音で聴こえるようにしたのが、これ。

017

◇uew0.14mmだと基板は暖かくならないことを確認した。

◇出力を能率良く飛ばさないと廻り込む(当たり前です)。現状のアンテナ線は7cm。

◇アンテナとのマッチング回路を追加で載せてしまうと、飛びすぎて駄目。要は出力を減らすのが正しい。

◇MW帯の高周波増幅段で 25mA程度流すと廻り込み対策回路は必要らしい。LCRの簡単回路を追加して図としては残しておく。

********************************

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34091338

7石式中波トランスミッター基板。その3。飛びすぎです。UEW0.14径に換えた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ