ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 福島だけが放射能被害ではマズイ。それでは日本中をまんべんなく汚染をさせて平準化させる「希釈政策」ですね。 | メイン | ダブルバランスドミキサー SL1641(plessey)でbalanceを取る。50MHzでam生成。 »

2019年12月30日 (月)

バランスドミキサー SA612でbalanceを取る。

*******************************

RF式のスピーチプロセッサーの基礎実験を始めた。クリスタルフィルターはICOM製の10.7MHz。

1,キャリアを抑圧したdsbがmustなのでSA612(NE612)にキャリアバランスVRを入れてみた。日欧で見かける回路にした。 SA612のOUTは4番と5番から出しLC共振にいれて多少は波形を綺麗にしたい。

084

082

081

080

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

結果はそれなり駄目。IC内負荷が均等でないようで [外部負荷でアジャストする必要がある波形]が出てきた。FCZコイルコアで合わせてようやく使える波形に近づく。トランス出力方式では変調分野は やや苦手なことも判った。 定番のMC1496は外部負荷で可変できるのでこのような波形には陥らない。

RK-26同様に4番出力だけでで使う 。 あるいは バランス抵抗レスで使うのがお薦めらしい。

083

直接LC共振に入られるとおもったが今のままじゃ無理だ。もう少し触ってみる。

予想よりも波形が悪いのでAN612あるいはCA3028にし、コンデンサーoutにするのも手立てだ。

************************************************

balance抵抗であわせた送信基板ものの例

・RK-62 のDBM  SL1641ではこのようになっている。 NE612より良好。

・キャリアリークはSL640(1640)で-40dB。

・本家SL1640のコピー品がNJM2594.

Sl164101

*************************************

・RK-55のCA3028ではこの感じ.

本家CA3028のコピー品:TA7045はKP-12Aに使われている。

但し、KP-12A回路のままTA7045を使うとバランス調整が追い付かなく歪むのでそこは工夫必要。

Ca302801

これもNE612より良いだろう。

*********************************

amラジオではpwm電波も受信できる。


YouTube: タイマーIC の7555: PWMワイヤレスマイク実験


YouTube: PWM変調の中波ワイヤレスマイク:タイマー 555②

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34199169

バランスドミキサー SA612でbalanceを取る。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ