Powered by Six Apart

« ラジオ工作 GT管 6AQ7  その2 | メイン | ラジオ工作 1球ラジオ  »

2015年8月23日 (日)

ラジオ工作 GT管 6AQ7  その3

****************************

通電してみた。

065

普通に波形がでた。

この6SA7は元気がよくOSC具合が強い。sg電圧を軽めにはした。

2nd IF球は6SD7にした。 SG電圧は45V位にした。

トラッキングして終了。

★VRを絞ってのSP端のVTVM読みは0.5mV(3mVレンジで)。充分に低い。

オシロ波形から判るように局発が漏れてきている。

066

067

068

これで完成。

6SA7,6SK7,6SD7,6AQ7,6V6の5球構成。

****************************

142番目?の製作品

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33531333

ラジオ工作 GT管 6AQ7  その3を参照しているブログ:

コメント

こんにちは。

自作機を初めて見ましたが、これだけ作り込んでいるとは思ってもいませんでした。

今まで何度も作り込んでいる結果なのでしょう、経験と知識の詰ったラジオに感動しています。

本当に良い物を手に入れたと思います、このまま置くより立派なケースに組み込み長く維持したいと思っています。

また来ます。

自作ラジオでお褒めに与り恐縮いたしております。

6AQ7ですので、音は良いと思います。感度も市販の小型ICラジオ程度にはあると想います。
マジックで書いた6SK7の文字は消していだいた方が見栄えすると想います。

mura11banさんもラジオ工作をもっと進めてみてください。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ