ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« CA3028はAM送信しました。  | メイン | 直流のたった12Vで使える真空管のこと (JF1OZL氏に感謝候) »

2020年1月 2日 (木)

SL1641で50MHz AM トランシーバー基板化

SL1641の50MHz AM波形がNE612よりも綺麗だったので、 「NE612でPCB化済みのトランシーバー基板」を SL1641でリプレースした。 ついでにVXO化もおこなった。

01

サイズはこの位。

出力: 800mW~1Wになると想う。mic-compにはta2011。

受信: 基板化済みダブルスーパーの回路をもってきたので、1μV S/(S+N)=10dB位にはなる。RJX-601並の感度で75x91mmならばよいように想う。

02

************************************

ne612でのam トランシーバー基板。

超再生式amトランシーバー基板(rk-58)の受信部を ダブルスーパー(rk-41)にしたもの。

結果「am ⇔ dsb 」の調整は不要にするべく固定抵抗で決め打ち。

ta2011sはオンボード。

03

067

おそらくはオイラ実装する時間が作れないので、ne612トランシーバーをトライしたい方は連絡ください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34199365

SL1641で50MHz AM トランシーバー基板化を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ