Powered by Six Apart

« SANYO LA1600 ラジオ基板(初回試作)。SFU455のセンター周波数計測。逆側から入れてみたら減衰量が少なくFBだ。 | メイン | JH4ABZ式表示器( PIC式ラジオ周波数カウンター )の使い方。4年前の情報を今一度UP(再掲). »

2018年1月20日 (土)

トランジスタ式 100kcマーカー基板 ver2。修正版で確認した。作動okだ。領布開始。基板ナンバーRK-10

Nierautomatareviewheader

****************************************

着手してから8回目?の修正版が今朝、手元に届いた。

0112

065

066

◇オシロで100.0kcになっていることを確認した。搬送波での確認。

067

◇変調をかけた波形。

068

069

◇st管ラジオで受信して確認。電波で飛中。

070

071

072

短波は有線にて入れてみた。

074

075

上記のように100kcごとに7.6MHzまで確認できた。 それ以上は、受信できるものが無いので不明。

◇ノウハウらしいものは無いが、周波数に影響を与えるコンデンサーは質の良いものを使うこと。aitendo やali expressで扱っている「100個で100円」のものは通電毎に周波数が変ってくるのでお薦めできない。

◇OSC強度を上げると周波数が下がる傾向を見つけたので、エミッター抵抗を1Kにして軽くOSCさせた。このままだと次段のC級をドライブできないので、OSCはTWINにした。、、と、オリジナルの100kHzのOSC回路になっている。

076

100.000で安定させる手段として 水晶振動子が2個まで載る回路になっている。 2個にすると安定度がかなり向上する。そこまで不要な場合は1個で作動させる。(良い子は真似をしないように)

◇本基板は、「基板ナンバー RK-10」になる。1月21日から 領布予定。 

通算238作目。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34102744

トランジスタ式 100kcマーカー基板 ver2。修正版で確認した。作動okだ。領布開始。基板ナンバーRK-10を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ