Powered by Six Apart

« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月 1日 (金)

「ダイレクトコンバージョン受信機」の作動確認道具を基板化した。プロダクト検波向け。

***********************************

MC1496 エキサイター基板(AM or DSB)の作動報告公開済みだ.

ダイレクトコンバージョン受信機の作動確認にDSB発生基板を興した。 MC1496エキサイター基板から、FINALを無くして、AF部は移相発振器(tone 650Hz ネライ)にした。 その結果、プロダクト検波を通過すると650Hz音が聞こえてくる。

MARKER 'DSB'  の文字にしてみた。

P1010040

SSGだと ダイレクトコンバージョン受信機から出てくる実際音の確認に手古摺る。 本基板ならば、変調100%超えもできるので、色々と使えるだろうと思う。 週末に実装して確認したい。

2018年6月 2日 (土)

51.045MHz AM で受信調整。 Sメーターの作動確認。AM チューナー IC 「TDA1072」を使う。

*************************

先日の53.4MHz am受信の続です。自励式50MHz AM受信機です。

004

このtda1072は Sメーター回路を内蔵している。10番ピンにメーターを接続すると針は振れる。

ラジオノイズでも振れてしまうので、メーター規格が違うようだ。

002_2

シリーズに5.6K抵抗を入れて、SSGから強く入れてみた。

001

10KBのVRを実装したほうがよさそうだ。

◇RF部をFETで実装した。

RF部のOUT側は複同調にした。 50MHzで複同調させると信号電圧は1/10(-20dB)ほど下がる。 オシロで見た結果、FETで20dB増幅してもトータルではゼロになる。 複同調による損失(電圧)をFETで補う状態だ。

 (S+N)/N=10dB になる値は、「RF部無し」との差がわかりにくい。

003

複同調にするならば半導体ゲインは30dB~35dBはほしいと想う。RF部トータルゲインがゼロでは、やや悲しい。 複同調は見送りにしたい。

TA7613基板(AM/SSB対応)は複同調にて3.5MHzで作動確認してある。3.5MHz帯では混信対策で複同調だろう。

「IFT+セラミックフィルターCFWM455」のロス具合を診た。 SSGから455KHzで、およそ15dBほど損失する。

005

SFU455を確認してみた。「IFT+SFU455」でおよそ5dBほどロスる。

006_2

これは、プロダクト検波基板(TA7613)での実験と整合する。  SFU455の方がロスが少ない。

今はCFWM455が載っているので、SFU455化したい。これに「複同調⇒単同調」によるロス減少が加味されればほどほどの感度になると想う。

50MHzで作動するので3.5MHz,7MHz帯での動作はもっと条件が楽になる。Sメーターの振れる短波ラジオを自作したい方にはgoodだろう。

 ◇◇

上記内容を受けて、TDA1072基板は改良を加える。

このTDA1072からIF段信号を取り出せるICが「TDA1572」で市場流通している。 TDA1572基板は既に届いているが、複同調部を見直す。 TA7613基板(AM/SSB)では50MHz帯が苦しいので、 TDA1572基板で28,50MHz帯を受けもたせたい。

007_2

 基板ナンバーは上記のようにしたい。 TA7613基板は明日shippingされるようだ。

50MHzでLA1600の製作例は多数あるが、 自励式50MHz受信機はあまり無いので、TDA1072でトライしてみた。TDA1072は60MHz超えでも局発動作が確認できる優秀なICだと判明した。

このTDA1072は イーエレさんに在庫ありました

2018年6月 4日 (月)

プロダクト検波/AM検波の2モード対応のラジオ基板を領布します。自作派向け。

◇SFU455が載る基板が届いた。SFU455が不要であればジャンパーさせてほしい。

プロダクト検波/AM検波の2モード対応のラジオ基板を6月11日から ここで 領布します。

AM/SSB ラジオ基板(am検波は、TA7613)です。 基板ナンバーはRK-17です。プロダクト検波デバイスはta7320です。ラジオカウンタ接続用ポイントあります。

◇FCZコイル(サトー電気で販売中)を使っています。TA7613の周波数変換ゲインが28MHzでは下がると推測されるので、3.5MHz~21MHzでの使用を推奨します。

014

011_3

作動は3.5MHz,7MHzで確認しています。28MHzは苦しいと想います。

◇部品調達

TA7613は aitendoで販売中でした。若松通商でも販売中。 コンパチのTDA1083はイーエレにありました。コンパチブルとしてHA12402,U417B,KA22424等があります。

TA7368は 秋月電子にありました。 若松通商、イーエレにもありました。

TA7320は イーエレにありました

、、とイーエレさんでICは3種類とも調達できます。

001

003

002

◇感度は「SR-7」(アイテックさん)と互角です。

SR-7と同等感度で、プロダクト検波も体験したい方向けです。

006

イーエレさん在庫のTA7320が徐々に数量が減っているので、よく調査しているなあと思ったオイラだ。

*****************************

◇Sメーターが振れて、AM/SSB ともに受信したい方には「68MHzでも作動するTDA1572」をつかった「 AM /  SSB 2モード 基板](Sメーター対応)もあります

これはずばり6m man向けです。

60MHz帯で感度良く使えるレシーバーICの国産品はないので、欧州製ICを使っています。技術力の差がある分野です。

◇高級チューナ用ICとして、SANYO LA1247がありますが、帰還発振する傾向にあることがデーターシート上で公開されています。 

2018年6月 5日 (火)

今日の作業。

帰宅してここまで進んだ。

P1010024

2018年6月 6日 (水)

誘い半田は、「呼び半田」です 。井戸での「呼び水」を知らない人は予備と云うのかなあ?

 

「呼び水」の名称を知らない日本人が増えているようだ。知らぬなら知っておくことをお薦め」する。

**********************************************

ファンヒーターを2階に設置した際に、 誘い灯油を使っていたので、その誘い灯油の呼称をお尋ねした。

 井戸なら「呼び水」ですが、灯油なので「呼び灯油」って云うのになりますかねえ。とのお返事を頂いた。

誘い半田のことを「呼び半田」と呼称する。まあ、印刷物でも「予備」と記して間違っている。

リザーブした半田は予備半田ではある。 備蓄の意味は知っているだろう。「備える」の日本語意味も知っているだろう。

大人ならば 「予備水 vs  呼び水」の違いくらいわかるだろう。

バネ座金

まさかとは思うが、バネ座金をラジオ工作に使っていますか?

戦中・戦後直後の「バネ座金」と現行バネ座金の材質が異なることを知っていますか?

と基本的なことを呟いてみた。

小規模な水力発電考

*****************************

仕事の絡みで、日本小水力発電(山梨県)を紹介された。向こうから此方にアプローチしてきた会社だ。

1、電力会社に接続検討申請するにあたり 資料をお願いしたら英文のPDFが届いた。

まてまて、日本語版はないか? と尋ねたら、「ありません」の回答。 この辺りはメールにて全て残っている。

 この時点で販売実績がほぼないことが推測できる。 

日本の会社宛てに英文では出せないよ。なぜなら「日本語で提出」と電力会社から公知されていたからね。

2,  雑な対応に「売る気がない」らしいことも想像つく。恐らく1.5億円ほどの商品だが、、。

結果、オイラが日本語に妙訳して提出した。

3, 法定原価償却期間が随分と長いので、10年毎の維持費を大雑把に教えてもらおうと思い連絡したが、「しばらく待ってください」から10ケ月が経過中。

 納入実績から算盤で出してくれればいいだけなんだけどね。

4, 「ガイドベーンの閉時時間が30秒」とのことだったので、左様に低速な圧油シリンダーは圧油メーカーでも製作不能な低速領域だと思うので確認してほしいとお願いして、早3ケ月経過中。返事が届かないのは不思議だ。

概ね9~10mm/秒が低速限界。 ガイドベーンサイズからみてストロークが300mmないように思えたのでお尋ねしただけだ。

5、発電機温度検出の白金抵抗体が欧州製。日本にはNASAご用達の良好性能なものがある。わざわざ、性能・質の劣るものをチョイスする感覚がエンジニアぽくは無い。1万円以下の価格ゆえにこれはコストカットの対象には為らない。

6,制御の通信でシーケンサーメーカーを合わせてたかったので、メーカー名を問うたが、それっきりだ。

いろいろと他方面からメーカーを特定した。光ファイバーでの通信は1kmが限界とそのシーケンサーメーカーは公知していたが、山梨の会社はそれを知らないので、オイラが教えた。 電話回線が使える環境での施工実績だけらしい。山岳地域では未経験だと判明した。

とオイラのような田舎のおっさんの問合せには答えてもらいたいと思う。向こう側からアプローチしてきたんだけどねえ。

*************************

別な会社での事例。

シンポジウムによく出てくる商社に、水車を売ってくれるか尋ねたら、OKだった。欧州製なので品質も性能もよいし、国内でバンバンと販売していると自慢してくれた。

そこで欧州でのタービン技術書を幾つか紹介してほしいと頼んだら、それっきり連絡してこない。しかし小規模水力発電の全国シンポジウムにはまだまだ講師側として吹いている。

まあ、構造/技術に対する知見が皆無でも、小規模な水力発電業界ではビジネスできることも判明した。オイラの前にはもう来れないね。

***************************************

東電の所長OB・部課長OBあるいは日本工営OBに小規模な水力発電業界のことを聞くと、その程度の会社が多いようだ。太陽光発電業界が活況だった頃とよく似ている。

2018年6月 7日 (木)

「MC1496ダイレクトコンバージョン受信基板」 製作記事 (埼玉在住のラジオ工作者からの寄稿紹介)

先日、MC1496ダイレクトコンバージョン基板の作動確認を埼玉県のblog読者にお願いしました。

先ほど、以下のように製作レポートが届きましたので公開します。

ヒースキットの4バンドトランシーバー 「 HW-8 」では、本基板と同じMC1496でダイレクトコンバージョンさせている。 、、とキットメーカーから1976には公開されている クラシカルな回路だ。 一世を風靡したHW-7の後継機種がHW-8.

**********************************

お世話になっております。

ダイレクトコンバージョン受信機(1496)を組み立でましたので結果/感想をお送りします。

ローカルオシレータは、技量不足で失敗しましたが受信確認はできました。
想像していたより良く聞こえたので驚きです。
詳細は、添付ファイルをご覧ください。

・ローカルオシレータの50Hzハム成分除去
・Tノッチの確認
など課題が残っていますので、この基板でまだまだ遊べそうです。

012_2

 

001_2 osc.pdfをダウンロード

af.pdfをダウンロード

***************************************

トロイダルコア T37を利用されていますね。トロイダルコアでも周波数可変できるように同調用Cが2個載る基板にしてあります。

本基板ではシャリシャリ音を取るようにTノッチを入れています。これはJA1AYO丹羽OMがとても昔に公開している手法です。往時はTノッチ2段ですが、本基板はLPF+Tノッチにしています。Tノッチは定数次第ですがシュミレーシュン上65dB減衰させることも可能です。周波数はLCに依存します。合わせこみが必要ですので、可変インダクターがgoodです。しかし可変インダクターの流通性が弱いので固定インダクターにしてあります。 可変インダクターはまだyahooにはありました。減衰のシャープ具合では、CRは随分と劣るのでLCRにしています。

昨年10月のTノッチ実験では、45dBの減衰量を確認しています。確かpeak 3.5kHzでの値をそのまま図面化した記憶です。 、、と実験に基づいて数値化しています。 7ケ月前の実験がここで基板化できました。

013

・周波数可変にバリキャップを利用されていますね。デモジュレータとしてのMC1496へのOSC適正注入量は恐らく0.3V前後になると思います。1V入れると確実に歪みます。

◇◇

この「MC1496は3.0μV(9MHz)の信号入力からプロダクト検波する」とデータシートにあるので、RF部を1段回路にいれました。10倍のアンプをつけてやればまずまずの感度になると想います。この基板では2SK192にしました。

ダイナミックレンジ90dBとあるので,これは約31622倍率に相当します。仮に入力0.32μVから10Vまでだとすれば概ね整合します。12V駆動で入力10V対応は苦しいはずなので印加可能最大の30Vならば、データシートの数字になると思います。、、

回路間違いは無いようなので、6月11日から領布開始したいと想います。基板ナンバー RK-18です。

014_2

上記のように、各ブロック間の+Bには信号が漏れ出て他ブロックに影響するのを極力少なくするように「抵抗+C」が入っている。これは基本でMUST。 量産化でここを省略しコストダウンする際には、アイソレーションがどうなのか?を波形確認してから行なう。

MC1496とTDA2611に30Vを掛けれるような回路にはなっている。 3端子レギュレータはOSC石に繋がっている。 もし30V駆動ならば、MC1496のとある点の電圧に留意しその抵抗値を換えてほしい。

この「RK-18基板」と「RK-16基板」で、送受ともMC1496の簡易RIG化(DSB)できます。

***********************************

真空管ラジオの音もなかなかですね。オイラの作例です。


YouTube: 「レフレックス+再生」式 単球ラジオ。

出品中の商品はこちら

2018年6月 9日 (土)

MC1496ダイレクトコンバージョン受信基板の作動確認はOKです。 DSB波発生基板も役立ちます。

741

*******************************************

MC1496のDC受信機のブロック図。 AF部は300~500mWで鳴らす機会が多いと想う。TDA2611は100mW~800mW近傍で鳴らすと歪み率が低くい。TA7368は200mWから300mWで鳴らすIC.小型SPでは低能率品が大勢なので40年前に比べるとちょっと余計にSP入力させる時代です。低能率品の方が製作が楽になる。 「高能率品を製造する技術は継承されているか?」と想う。

水は低きに流れる。技術継承も同じ様だろう。

009

OSCの確認。概ね0.3VほどをMC1496へ注入。 この時,R73=51オーム、R28=1Kオーム。3端子レギュレータは8Vタイプ。

006

007

◇ RFアンプは未実装で、DSB波を確認する。 RFアンプありだとDSB波が強いので梃子摺る。DSB発生基板は、先日のこれ。周波数は7.181MHz固定。

004_2

◇ 無事受信OK.

右がDSBへのAF信号。

左が、MC1496 DC受信機の受信波形。

OSC部については、電源周波数のノイズはのっていない。 いたって普通の受信音。

005

 、、とオイラも無事に作動確認できた。 DSB発生機は重宝する。(やや電波が強い)

実装時の参考に。

003

 基板ナンバー RK-18です。通算250作目。ここで領布中

サトー電気さんのダイレクトコンバージョン受信機キットを製作したのが2011年。7年経過して 基板を興す側に立てた。 

***********************************

真空管工作派でしたら トライしてみてください。再生式ラジオでデジタルに周波数表示。


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

出品中の商品はこちら

2018年6月10日 (日)

真空管ラジオも製作します。ST管スーパーです。

*********************************

半導体ものばかりではありません。 真空管ラジオも製作します。 これは通算119台目の自作ラジオ(真空管)になります。 ここ此れが自作ラジオ一覧。

016

017

これから調整です。

2018年6月12日 (火)

ダイレクトコンバージョン受信機の調整道具:DSB波発生基板の作動OKです。

***************************************

過日ここにあげたDSB波発生基板の作動を見た。もともとダイレクトコンバージョン受信基板(RK-18)あるいは「プロダクト検波のTA7613ラジオ基板(RK-17)」で、SSB(DSB)の復調具合を確認するにあたり、無線機ほどのOUT-PUTは不要なので、何か道具が必要だろう、、、と、基板化してみた。

まず、60Hzノイズが10mVほど飛んでいる室内。

018

AMエキサイター基板のFINALを剥がし、移相発振によるトーン信号をMC1496に入れる基板だ。

001

005

トーン信号はこの位の強さにした。CH2に入れてるので4目盛りくらいだ。

002

上のAF信号をMC1496に入れると、下の波形が出てきた。「AF信号は綺麗なこと」が要求されることも分かった。10mv位のout-putなので 出力としてはかなり小さいらしい。 信号が小さくてトリガーが巧く過掛からない。 波形を合わせきれない。さて、、、、。

019

4個のダイオードによるSBMタイプのダイレクトコンバージョン受信機 「MRX-7」で受信しながら、DSB波の波形を合わせた。

003

ヘッダーピンから貰うと注入過多になったので、樹脂部をつかんだ。程よいC結合になったようで、上の波形になった。

004

020

作動確認し、VRも合わせたのでケース化してみた。

006

 

これで完成。

ダイレクトコンバージョン受信機、プロダクト検波の作動確認道具の完成だ。消費は50mA程度なので100mAの3端子レギュレーターで足りる。 外部電源は13V~15V。

基板ナンバーRK-19。

*******************

通算251作目。

出品中の商品はこちら

2018年6月14日 (木)

COSMOSのおやっさんラジオの最新作が、yahooにある。

******************************

COSMOSのおやっさんラジオが出品中だ。

「最新作は、デジタル表示させた」との連絡がさきほど届いた。

024

LCD表示器は、「基板ナンバー RK-01」。 「自作派のお手伝い用に興した基板」で領布中の一つ。

オイラは不器用だから、COSMOSのおやっさんのようなウッドケースタイプのラジオは無理。おやっさん製作のフロントパネルは、版画印刷技術で作られている。もちろん、その道のプロである。

2018年6月16日 (土)

UZ-42を載せてみた。 マジックアイは6BR5。 自作真空管ラジオ。

***************************

トラッキングしてみた。

バーアンテナは、JISでは 磁気アンテナと名称づけされているので、磁気アンテナが正しい名称。 バーアンテナと呼ぶのは俗称になる。 ラジオの調整はJISに規定があるので一読をお薦めする。

マジックアイはここ2年ほどは、6BR5(露西亜球)。 この6BR5は国内SHOPにはもう無い。YAHOOにも年一程度。 製造国の国民性によるが、5割程度は「開閉部の見てくれが悪い」。 オイラも「光るけども、扇形とは随分遠い6BR5」が8本ある。この8本は先々も日の目をみることは少ない。

025

上は6Z-P1搭載だが、下写真のようにUZ-42も載る空間になっている。

026

ほぼ調整は終了。 あとはプーリーの糸掛け。

通算252作目。 真空管ラジオの第119作目。

50MHz帯の自励式AM受信機基板(Sメーター)。まずまずの感度です。TDA1072ラジオ基板.

Freshlifestore_cs489

*****************************

TDA1072のデータシートによれば、AGCのレンジは80dBを超える。感度については変調度30%時に (S+N)/N=6dBとなる入力は1.5μVだ。 前段に6~8倍増幅のRF部を配置すれば、通信機感度に並びそうだ。

先日の実験を受けて、フィルターをSFU455にして複同調を止めたTDA1072基板に実装した。

001

(S+N)/N=10dBになるSSG出力。

TA7613ラジオ基板(RK-17)で3.5MHz時の値とほぼ互角になった。 まずまずの感度だ。

SSGの値からみるとこのTDA1072の方がよい。

032

もうすこし入れた波形。

004

◇Sメーターの振れ具合。

030

031

確認していくとSメーターのレンジは60dBほどだ。TDA1072のレンジが80dBなので、この位のSメーターレンジになるようだ。 単にICからメーターswing電流をICpinから取り出しているので、工夫が必要とも想う。

生PCB基板。

P1010013

005

◇回路

029

039

上記のように50MHz帯の簡易受信機(AM)として使えると想う。 よくありがちな「OSC+LA1600」とは異なり自励式で50MHz(68MHzも確認済み)のAM受信ができる。Sメーター回路も内蔵されており優れもののICだと想う。

6月20日から領布開始です。 基板ナンバー RK-20です。

通算253作目。

************************

このTDA1072ラジオ基板は、68MHzでの受信動作も確認している。3.5MHz~50MHz帯の任意バンド用にどうぞ。Sメーターも振れます。

SFU455を使うとIC内部で460の共振点があるようで、二つのピーク点がある。データシートには460と455が載っている。この辺りは確認中。

まず、SFUなしにてIFT→TDA1072

P1010003

 

P1010004

455と471では471kHzの方が伝達がよい。IFTコアは抜けて1次と2次の結合が弱まり信号伝達が弱くなるが、TDA1072側からすれば471kHzが具合良い。

IFTを455に合わせた後に、SFU455を入れてみた。10dB以上 信号が弱くなった。

P1010007

SFU455を入れた上記状態で461kHzにしてみた。IFTも合わせた途端に信号が戻ってきた。

SFU455は453kHzで共振点があり頑張っていた。

P1010015_2

、、とSFUは460あるいは465が具合よさそうだ。 EBAYに合ったので手配した。TDA1052単体では460や471kHz辺りの吸い込みが良い。データーシートには460の数字があるのでそういうことだろう。

SFUなしでIFを454(453)に合わせてからSFUを入れて調整するのが、今の処goodだ。

TDA1072はイーエレさんで取り扱い中。また3端子レギュレータは150mA流せるもの。


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

2018年6月17日 (日)

AM/SSB 2モード 受信基板。

***************************

基板ナンバー RK-17をYAHOOに出してみた。

033

市場でのニーズがなんとなく分かる。 

「6石ラジオの延長」のような製作ボリュームで、休日の午後の時間でまとめられる「半田工作もの」をコンセプトにしている。


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

基板ものの進捗。

今日時点、進捗具合。

035

****************************************

「MC1496を使った7MHzエキサイター基板」、それに 「MC1496を載せたダイレクトコンバージョン受信基板」の基板化に続くのは、やはりトランシーバーだろう、、。

JH1FCZ大久保OMが「#067」で製作された「ポケット・トランシーバー」が市販量産タイプ(AM)では小さい。それは、40x100mmの投影面積に収納されている。詳細は、CQ出版からの本を参照。(時折yahooで見かける)

034

そこまでは小さく出来ていないが、FCZコイルは10mm角タイプを使った。 従来のRKシリーズ基板(領布中)が10mm角ゆえに、「此れだけが7mm角」では部材融通がきかなくなる。

回路は7割方オイラのオリジナルにしてみた。実験して確認する内容がかなりあるので、「試作5回」は覚悟している。年内の完成を目指す。


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

ダイワのマイクコンプレッサー  MC-330.

***********************************

メーカー製のマイクコンプレッサーを入手した。 「中味がどうなのか?」と開けてみた。

036

「電源トランス ⇒シリコンダイオード4個⇒トランジスタ」で+Bを生成していた。

038

トランジスタが9個ほど見える。 クリッピング用のダイオードは見えない。(見落とし?)

037

NJM2783基板がこの中に収納できる。

*******************

オシロでの波形を上げておく。左がNJM2783からの出力。右が入力。 compがしっかりと掛かることが判る。 


YouTube: Useing NJM2783 , mic-comp P.C.B


YouTube: ST管スーパーに、スマホ専用入力回路(aux)。トーンコントロール付き。

2018年6月19日 (火)

RFにLNAを載せてみた。「組み込み用5桁ラジオ周波数表示」のM54821.

「三権分立」ってが 日本のルールだったが、(内閣)行政府が司法府に圧力を掛けつづけていた資料が昨日、TV中継されていた

民主主義と対極にある「独裁者宗主国」に変質したことが判明した。


YouTube: 新文書示し森友事件を追及

TV局はみなアンダーコントロールされているので、TV中継を見ていた方しかその事実を知らない。北朝鮮と同様に報道の自由はない。加えて司法府の独立性もない。 どこかの未開明国と同じ水準になった。 ここまで酷いと、G7では相手にされなかったのも分かる。

***********************

4月から作動実験中のM54821の続きだ。このICは「薄っすらと上位桁が点灯する」ことで広く知られている。「隣接する桁の漏れ発光」と呼ばれているらしい。この漏れ発光の対策において有効な方法はさほど知られていない。

オイラは漏れ発光対策にICを2段入れた。これはWEB上でも見つかる方法だ。漏れ発光対策よりも、ダイナミック点灯式は強力な「電波ノイズ源」になるので、組み込み用としての工夫は必要になる。このノイズについては、JA1AYO氏のM54821寄稿にもあるので多くの方は知っていると思う。

TCXOを採用しない理由は、ノイズ源になることが多数確認されているからだ。組み込み用としては、無ノイズなことが求められている。

 漏れ発光抑制にICを追加したら感度がさがったままだったので、RF-AMPをLNAで載せた。 FETだとゲインがとれなかったがLNAならばゲイン増が確認できた。高周波負荷は220uHと100uHにしてみた。7~10MHzだと220uHが具合良いのでHF用を狙った。

2~24MHzまでは、LC7265表示器と同じ入力値で、カウントした。

042

JH4ABZ式表示器の作動具合。

左(青色)がオイラが興した基板。 右はJH4ABZ氏の基板。 回路は同じだが感度が異なる。この辺りが基板化作業の工夫の有無になる。


YouTube: RADIO COUNTER

◇ FMラジオ帯でも表示した。入力は強くした。

041

 ◇

41MHzだとこの程度必要。JH4ABZ氏の基板とほぼ同じ入力が必要。感度面では真空管ラジオ用に使えることが判る。

043

LNAはERA-5M. 右側に余裕があるのはUHF用プリスケーラ配置を検討しているからだ。84MHzまで測れるのでUHF用プリスケーラは不要に思えてきた。

044

1,[M54821⇒LED]が感度よいが、漏れ発光がしっかりある。

2,[M54821⇒IC⇒LED]は 漏れ発光は改善されるが、感度は劣る。(雑多なノイズが出ている可能性が強い)。電波ノイズを減らそうとLEDに流れる電流を絞った。RFにはFET使用だがゲインは??だった。。

3、[M54821⇒IC⇒IC⇒LED]が今の状態。RFにLNA使用。 led電流制御抵抗は上の2と同じ。電波ノイズは圧倒的に此れが小さい。 これをベースにしたい。

「この1,2,3のどの状態で使うのか?」を選ぶ必要がある。 電波ノイズ多で中波対応は困難だ。2MHzから上であれば上記3で、LNA負荷次第だと想う。中波対応を諦めると結構よくなりそうだ。LNA負荷は220uHと47uH(22uH)がよいかな、、。

、、、とこの基板で LED制御電流抵抗を見直してみる。もう1段プリアンプを入れるのも手立てのひとつだ。

◇◇◇

現状でも2~30MHzの組み込み用としてほぼ使える。シルードケースに入ればさらに良い。この試作基板が余りそうなので 、希望者は請通信。

プロダクト検波の確認ツール。

**********************************

ダイレクトコンバージョン受信機 あるいはプロダクト検波によるSSB受信具合の確認用ツールです。

云わば「基板ナンバーRK-16」の延長線上にあると想う。「移相発振による低周波信号をMC1496に入れてbufferで飛ばす」だけの基板です。受信確認に、SSB-TXから信号を入れるわけにはいかないので擬似電波が必要だろう。

前回、AF波形が拙かったので少しR値を見直した。赤ペンの値にした。トランジスタのhfeにも左右されるので、基本は波形を見ながらの合わせになると想う。

051

052

オイラの環境では7ヘルツのノイズが常時ある。 60ヘルツならばわかるが「7ヘルツ」はどこから来るのか?

053

、、と 使えそうな波形になってきた。

此れは、「基板ナンバー RK-19」として領布中。

2018年6月20日 (水)

myロクタル管ラジオがyahooにあった。

あれ、 ロクタル管ラジオが出ている

LED基板に「RADIO KITS IN JA」の文字が見える。

001111

2017年の製作品だと思う。 おそらくはこれのはずだが、LED色の記憶が弱い。 SPレスで出品だった。

ウェブページ

カテゴリ