Powered by Six Apart

« ダイオードのバランスドミキサーで3.5MHz帯を検討/実験中。 | メイン | ダイオードのバランスドミキサー。キャリアの適正量。 »

2018年6月27日 (水)

SFU455からSFU460へ換装してみた。若干耳が良くなった「TDA1072 ラジオ基板」。

*******************************

SFU460が届いたので、SFU455⇒SFU460に換装して差分を確認したい。

1,

SFU455で (S+N)/N=10dBになるSSGの出力を確認した。

060

2,

SFU460を実装した。

061

この値で (S+N)/N=10dBになった。

062

、、とSFU460の方がTDA1072の吸い込みが良いので若干感度が向上する。SFU470も手配したので、TDA1072向きだと想う。

50MHzでこの数字ゆえに、まずまずの感度だ。

*************************

感度良いものとしては、CYTECさんのキットが秀逸だ。信号を差動トランスで受ける方式がSN面で秀でている。amateur radio向けのものが多い。

オイラは「ラジオ工作の延長にあるもの」に注力したいと想う。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34132399

SFU455からSFU460へ換装してみた。若干耳が良くなった「TDA1072 ラジオ基板」。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ