Powered by Six Apart

« AM/SSB 2モード 受信基板。 | メイン | ダイワのマイクコンプレッサー  MC-330. »

2018年6月17日 (日)

基板ものの進捗。

今日時点、進捗具合。

035

****************************************

「MC1496を使った7MHzエキサイター基板」、それに 「MC1496を載せたダイレクトコンバージョン受信基板」の基板化に続くのは、やはりトランシーバーだろう、、。

JH1FCZ大久保OMが「#067」で製作された「ポケット・トランシーバー」が市販量産タイプ(AM)では小さい。それは、40x100mmの投影面積に収納されている。詳細は、CQ出版からの本を参照。(時折yahooで見かける)

034

そこまでは小さく出来ていないが、FCZコイルは10mm角タイプを使った。 従来のRKシリーズ基板(領布中)が10mm角ゆえに、「此れだけが7mm角」では部材融通がきかなくなる。

回路は7割方オイラのオリジナルにしてみた。実験して確認する内容がかなりあるので、「試作5回」は覚悟している。年内の完成を目指す。


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34131077

基板ものの進捗。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ