Powered by Six Apart

« 2019年6月 | メイン | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月16日 (火)

月曜fedex便に載れた。

pcbは月曜便にようやく載れた。pick upが15時頃だった。今日火曜日に成田税関に到着した。明日、手元に届くようだ。2日程ロスしたが、便が減っているのでこうなった。

「ダブルスーパーヘテロダイン基板:RK-41」にIF増幅を追加した基板がこれで届く。もちろんAM専用。Hi-bandを受信したい方向けの開発品。

*******************

D_cssfbu4aaqpvg

まあ二枚下の政党がいまも存続しているので証左として挙げておく。上のグラフのように消費税が導入されてからは 成長がおそろしく鈍っている。

9nfbeb8

D1neylvu4aaninq

Top


YouTube: 内外記者会見 - 平成25年2月22日

2019年7月17日 (水)

現状: 

Eyvq9z3

二度目の「最初で最後」があるらしい。

日本言葉そのものが、奇怪しいことになっている。

******************

警察は中立ではない。

「安倍ガンバレ!!」→ 警察沈黙

「増税反対」と叫んだ女性→   警察強制連行

増税反対と云うと留置場に行けます。

裁判所から開示請求がでたようだ。

お友達内閣でも ね、


YouTube: 安倍首相 汚職・収賄で逮捕へ【速報】松山地裁、今治市に安倍首相の公金詐欺疑惑の証拠開示を命令

CA3028(TA7045)をIFに使う。

PCBWAYから航空便で基板が届いた。

CA3028(TA7045)は前回dbmとしてdsb-txに使った。

amは無理だったがdsbには使えた。ケンプロのkp-12aではta7045を使っている。 しかしkp-12aの動作点ではやや難があることを確認できている。

ca3028の出力波形。 およそ9dBのゲインが取れた。この定数ではこれ以上は無理のようだ。

SSB復調の確認時、4番ピンにコンデンサなしでゲインはゼロだったので、ゲイン9dB(4番ピンはコンデンサーあり)は妥当だろう。

このままでは10dBはむりだろう。電源電圧5V⇒9Vの変化で1割弱の出力増加だった。 まあ、6.6Vも掛かっていれば大丈夫だ。

P1010018

P1010021

回路を変えてみた。

20dBほど取れる。

P1010026

 この動作点にしたい。

2019年7月19日 (金)

短波AMワイヤレスマイクキット (自作) を領布中 。

2018年12月30日の再掲。 短波AMワイヤレスマイクのキット。

S042010 S0420071

YAHOOにて 「短波: S042P」と検索。

S0420081

******************

 

DBMのS042Pを使ってみた。9Vで作動させてみた。

オーバートーン作動させやすいのが特徴だろう。 NE612はオーバートーン不向きだったことを確認している。。

046

まず、DSB時の送信波形。

「NE612よりも綺麗だ」。 USSR圏のICではあるが波形はNE612より綺麗だ。 侮っては拙い。

047

◇◇ 入力80mVでの出力波形。 これが入力maxに近い。

048

◇◇AMモードにしてみた。

050

下写真はAM時に入れすぎた波形。50mVも入れると歪んだ.NE612よりも小信号で変調できることが判った。

049

◇◇ S042PのOSC波形。LC発振で3.526MHz近傍。

051

◇◇ 真空管ラジオでAM電波を受信してみた。

052

普通に受信OK。倍音にもならず至ってOKだ。LC発振ではあるが安定している。

試作基板で動作確認できたので、OSC周波数確認のTPを追加して本手配。

053

ICがやや高いが波形面ではお薦めできる。  FAINALはM28Sなので軽く使う。

TCA440

今日、この基板が届く。

1145522120403

2019年7月20日 (土)

50MHzのAMダブルスーパーヘテロダイン基板の領布。 LA1600で6m用受信基板をつくろう。 

********************

予告なく 新基板がまとまりました。6m自作向けに興しました。

50MHz ssg=6dBuVでしっかり聴こえます。SSG端では2μVです。

La1600zx04

La1600zx10

(S+N)/N=10dBになるSSG値は -6dBuV. 

0dBuV=1μVなので1μv以下の信号です。 

RJX-601よりやや感度よいです。

 

La1600zx06

SSB受信はSR-7同様にBFO注入。

クリコンは他励式NE612。 他励にしたので感度でました。

La1600zx02

La1600zx07

La1600zx08

ブロック図です。

LA1600の感度が劣る2.5MHzであえて使っていますので、LA1600の感度がよい8~17MHzで使うともう2~3dBは感度が出ます。

La1600zx09

**************

通算296作目。基板ナンバーはRK-60。 6m AMにどうぞ。

047_4

********************

pcbであるが、

TRX化について記述する。RX基板を通電ON/OFFさせると周波数安定度が??になるので以下列記。

・1st OSCへのR34を実装せずに 別電源から常時ON電圧をかけること

  ⇒ RXが電源OFFになっても、1st OSCしている為周波数安定度は高い。

・NE612への+BラインをR34近傍でcut しON/OFFさせること。

    ⇒ RX時にはLA1600だけの動作になるようにする。TX時に有利。

1225428253815

黙って尾っぽを振りましょうね。


YouTube: 安倍総理の街頭演説会 ヤジは道警が続々排除 札幌駅前編 2019年参院選


YouTube: 札幌での安倍総理による応援演説中に野次を飛ばす女

TCA440のIF段は偶数です。⇒簡単に発振しますね。 

**********************

IF段が偶数ゆえに「入力 と 出力が同相になる」TCA440の続きです。

前回は帰還発振してIFTのピークあわせができなかった(天側の基板).

今回は距離を5割ました。(下の基板)

・事象: 入力が強くAGCモードに入るとIF段の増幅度が下がる。⇒ 正帰還発振から脱出できる。

◇問題なのは、「弱い信号だとAGCモードに入らないので正帰還発振が継続する」。 かなり致命的な事象なので、このICを褒めるのには無理がある。 常時AGCモードにさせてもよいが、感度は悪化する。

「検波ダイオード+lpf」で波形観測した。

027

欧州回路ではダンパー抵抗を使ったものがかなりあるので、試しに入れたが感度が10dB以上悪くなった。欧州でも苦労して使っているようだ。

ダンパー抵抗を入れると感度がLA1600以下になったので、あえてTCA440を使う意味が薄くなる。

とある条件下なら正帰還発振せずに動作できることがわかった。

028

この正帰還発振するICは玄人向きかも知れない。

一応現回路で正常作動する動作点を見つけられた。LA1600よりは感度出た???。

14や21用には高周波増幅段が必要のようだ。全実装後にわかると想う。

2019年7月21日 (日)

tca440の感度について

afを実装した。 これでLA1600等との比較ができる。

030

◇ 

やや不安定さが増えた。帰還発振した波形でみれた。

031

(S+N)/N=10dBになるSSG値(TCA440)。

LA1600やTDA1072と同じ水準。

032

TCA440まとめ。

・感度はごく普通。 

・IFT間寸法を約38mmと離してもしっかりと正帰還発振(iftからの電波放射による)するので、AGCモードで使うのがよい(弱い信号受信には不向き)。 トランジスタラジオでもここまでは離さない。

・弱信号だとIF-OUT波形が汚い。 帰還発振中はビート音が聴こえるのでそれと判る。

今後の方向性

・IFTきょりをもう8mmほど伸ばしてみる。結果48mm前後になる。

・感度はごく普通なので、ift間を48mmにするメリットはほぼ無い。⇒感度良いtda1572ssb受信させる方が随分とメリットある。

・世間の評価よりは難点が目立つICのようなのでTCA440をTA7613に置き換えてみたい。

TCA440のIFT間寸法を広げた。

初回基板は31mmだったが、48mmに至った。

これならばTA7613の方がベターだ。 帰還発振はしない段数だ。

 

033

**************

TA7613に 新しいプロダクト検波を載せてみた。

034

その、あの、 吉本 に高額税金投入決定。 上限100億円まで

オイラは今日知ったんだが、

””「CARISERA」って会社に呼ばれていったら反社会的組織だった。””

そのCARISERAってのポスターありました。

J2suprr

入江の「吉本を通したスポンサーだから大丈夫」って言葉は本当だ。

「反社との繋がりを入江に任せてきた」だけ???

この吉本に税金投入が確定しています。 表向きは「教育コンテンツ事業」です。

反社会の方々のための教育コンテンツっては、どういうものか?

Dotuporg1901571

ここまできたら、オイラは、振り込め詐欺の親玉が吉本でも驚かんぞ。

455kHzでは高感度です。  

*******************

ラジオICに455KC信号を入れてみた。oscは停止させて純IFゲインを知りたかった。

①検波ダイオードを通過した信号。

041

SSGを弱くした。

042

18dBuVを入れた。随分とSNが良い。 これは、8μV。

RF-AMPレスでこの感度。 

043

このデバイスで確認した。

044

ここでOSCさせてみた。このSSG辺りからAGCモードに入る。 

AGC非作動時のゲインがやや多いようだ。10番ピン の IF信号がアンテナコイルに戻る。結合cを剥がすと正常になる。 CB帯ならば455KCの高調波は上がってこないのだろう。しかしTCA440よりは遥かに良い設計だ。

IF段信号の5~10%は検波されることなく下流に出てくる。

045

******************

FETを使ったRF-AMPでは3~4倍程度の増幅度になる。

単純にFET+TDA1572では 3μV前後で(S+N)/N=10dBに落ち着く。コイル使用による信号ロスを考えるとそこまでの感度は苦しい。

・TCA440よりは優れたデバイスだろう。このTDA1572,TDA1072はCB用デバイスだ。

・願わくばフィルターは メーカー推奨のように460,465,470であればもう5~8dBほど感度がでてくる。往時は存在したようだが、現流通はないようだ。

CA3028(TA7045)でプロダクト検波確認 。tda1572 on board. ssbとamの2モード基板。

VHFのダブルスーパー基板(SSB/AM)を試作中だ。

*******************

1241386933838

ca3028を載せた。

035_2

dsbマーカーからtda1572に信号を入れた。ifピンから出てきたものをca3028へ入れた。

 

 

036

とプロダクト検波も順調。 キャリアの適正量はこれから。

IF-OUTは AM-OUTより6dBほど弱い。 AM検波時のゲインが6dBほどあるようだ。

大方の作動確認はできた。

**********************

cq誌等で半導体によるプロダクト検波が紹介されている。オイラもne612,ta7310,ta7310,fet等試してきた。

こと455KHzではca3028が秀逸だ。マイナスゲインには成らない。これが他デバイスと違う点だ。

*********************

プロダクト検波(CA3028)で作動実績あるものは、

RK-63:  短波ラジオ基板 (TA7613)

難点は感度が出過ぎることだ。RJX-601なみの感度が出てしまうので、感度を落として使うこと。

Rk63011

2019年7月22日 (月)

自民党は改選66議席から9減の57議席:1割減

自民党は改選66議席から9減の57議席となった。

公明党の応援を受けて減席。

政権支持者の方は景気が悪化しないように頑張って支出を増やして下さい。

****************************

9議席へらして「国民の支持得た」 との論理だそうです。

少しも利発的ではないなあ、、、。

1割超えの議席をロストした事実の回答が「国民の指示を得た」

2019年7月24日 (水)

50MHz AM受信機基板(ダブルスーパー) 。感度良好。TDA1072.

Baba_fumika70

Baba_fumika65

*************************

AM受信機基板をダブルスーパーにて興してみた。

50MHz  とエアバンドでのAM受信専用。

色々と触っていたら感度はこの程度になった。 (S+N)/N=10dBになるSSG値は14.0) TDA1072で50MHz受信させた場合よりも、SNが良いことが波形からも判る。

単位はdBμなので、開放端での値だった記憶だ。 実負荷をSSG端とインピーダンス整合させる道具を持っていないので、真の感度は不明だがこの1/2とか1/4の値でダブルスーパー基板に信号印加されていると想う。

Sper03

Sper01

①基板

②TDA1072

③NE612

④455kHz セラミックフィルター(村田) :W55H。   w55h.pdfをダウンロード

の4点を1SETにて Yahooにて 領布中。  

W55Hは、「 6dB幅が 455 ±3kHz 」とAM通信専用 ラジオ放送専用であればW55Fが帯域幅も広くよい音で聴けるのでお薦め。

036_2

040

Sper06

1st OSCは手持ちのcrystal都合で決定のこと。トランジスタには2SC1906を推奨。 

Sper05

******************

上記RK-41はAM専用。

SSBにも対応するダブルスーパーは、

① RK-57 : LA1600   28MHz用

②   RK-60 : LA1600    50MHz用 (RJX-601超えの感度になった)

③  開発中  : TDA1572 50MHz~air band用 

の3種類。

047

6m AM/ssb 受信基板(LA1600): RK-60. 感度はRJX-601並。 ダブルスーパー

SSBをプロダクト検波で復調する基板です。RK-63。

感度がかなり良すぎますので、感度を下げて使ってください。(SR-7より聞こえます)

Rk63008

***************************

LA1600を使ったダブルスーパーです。RK-60.

6m AMer向けに興しました。

50MHz ssg=6dBuVでしっかり聴こえます。SSG端では2μVです。

La1600zx04

La1600zx10

(S+N)/N=10dBになるSSG値は -6dBuV. 

0dBuV=1μVなので1μv以下の信号です。 

RJX-601よりやや感度よいです。

 

La1600zx06

・SSB受信はSR-7同様にBFO注入。← AMメインです。

・クリコンは他励式NE612。 他励にしたので感度でました。

La1600zx02

La1600zx07

La1600zx08

ブロック図です。

LA1600の感度が劣る2.5MHzであえて使っていますので、LA1600の感度がよい8~17MHzで使うともう2~3dBは感度が出ます。

La1600zx09

**************

通算296作目。基板ナンバーはRK-60。 6m AMにどうぞ。

025********************

rx pcbであるが、

TRX化について記述する。RX基板をQSO中に都度通電ON/OFFさせると周波数安定度が??になるので以下列記。

・1st OSCへのR34を実装せずに 別電源から常時ON電圧をかけること

  ⇒ RXが電源OFFになっても、1st OSCしている為周波数安定度は高い。

・NE612への+BラインをR34近傍でcut しON/OFFさせること。

    ⇒ RX時にはLA1600だけの動作になるようにする。TX時に有利。

・ラジオカウンター RK-01等でLA1600のOSC信号を監視すれば かなり安心できる。

1225428253815

047_2

ta7613 の第二弾。

tca440でやろうとしていたシングルスーパー ssb/amの2モードをta7613に任せてみた。ダブルスーパーではtda1572基板で確認中。

、、、と云うのもTCA440はIF4段ゆえに相が360度になる。云わば発振させるための相数でもある。下流IFTからの455信号が初段IFTにしっかりと飛び込む。 現状39mm離してもだめだ。もちろんagcモードになれば増幅度が下がるので発振は止む。 しかしそれでは感度測定が出来ない。 欧州の回路ではダンパー抵抗を入れたものや抵抗負荷にして発振回避したものが見つかる。恐らくもっとQが低いLC共振が必要だろう。或いは下流IFTはフロートにする必要がありそうだ。

IFを500kc等のゲインが下がる中間周波数にして作動させるのも手立てのひとつだ。まあ、tca440はちょっとお休みしつつ熟慮中。

037_2

・ta7613をレシーバー基板につかった回路ではJA1AYO 丹羽OMの作例が有名である。オイラも丹羽OMの承諾を得て、プロダクト検波後にafを追加しそれはRK-17にまとめてある。

・当時は、455KCでのプロダクト検波作動でgood デバイスを知らなかった。dbmとしてta7320.ta7310,mc1496,ne612,s042p,sn16913,ca3028を触る間に多少は判ってきた。

過去経験を踏まえて、今回はプロダクト検波デバイスに、損失ゼロ(実験上)のCA3028にした。

02

ラジオもの進捗

tca440は小休止してta7613に換えてみた。基板手配できる絵になっている。

047_3

他によいデバイスは何だったけ? と確認中。

2019年7月25日 (木)

シンセンからfedex便が随分と減った

pcb工場は中国共産党が定めた祝日以外は稼働中だ。土日も3直で稼働中。

***************************

シンセンからfedex便が随分と減った。

土曜日 pick upせず。

日曜日 pick upせず。

月曜日 pick upした。フライト無。

火曜日 フライト無。

水曜日 早朝 飛び立った。 午後、成田税関を通過。

03

半年前では日曜日フライトはケース バイ ケースだったが、ついに土曜日、月曜日のフライトも無くなったようだ。

どうも、「 毎日1便 ⇒ 週2便 または3便」と減便になっている。

アベノミクスで史上最長の高景気とは、減便になることを示している。

政権支持者の方は景気が悪化しないように頑張って支出を増やして下さい。

fedexが減便して困っていますので、どんどん支出してください。

ウェブページ

カテゴリ