Powered by Six Apart

« まあ思想統制中。 | メイン | la1600を使った中波ラジオ。 »

2019年7月 9日 (火)

フッ化水素項 : この液体での装置製作経験は8台程度です。

22_t

************

日本からの出荷規制で注目されている「フッ化水素」。検索しても現場で使用しているものはhitしない。入れ物を素手で触るようなアホなことすると皮膚ヒリヒリします。 メガネ着用、薬液用手袋は着用です。

 ・仕事でそこそこの洗浄装置を設計製作してきた。もちろん「フッ化水素」は使う。PEでのブロー成形容器もあるが、装置ではテフロンによる液体漕を使う。メーカー所有の成形金型のサイズで収まるものであればラッキーだが、使用流量(リットル/分)からみて常時特注でお願いしてきた。

・テフロン漕を製作できるメーカーは日本には1つです。3社あるが2社はb級。 韓国にも1つです。

・まあ、匂いを嗅ぐだけで具合が悪くなる液体です。濃度50%は低くて駄目です。現場はもっと高濃度品です。 

・テフロンと云えども溶けます。 ただ1年で0.2mm程度?と遅いだけです。それゆえにテフロン漕は数年ごとにオーバーオールします。

・テフロンジャケットのセンサー寿命は2年です。ジャケットから液体(フッ酸)が浸み込みます。

・マシーンの乾燥重量が1トン程度には為ります。設計時には工場通路を通れるかどうかが最重要点です。

*****************

有機elでの溶媒も危険な溶媒を使っています。 ボロボロと溶けます。

  

オイラは、田舎のfa装置設計屋です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34184370

フッ化水素項 : この液体での装置製作経験は8台程度です。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ