Powered by Six Apart

« 3S-STD 真空管ラジオ 3球スーパー 2号機 | メイン | 談話室 Q & A »

2012年1月 3日 (火)

1RWーDX 単球再生式ラジオ チョーク負荷⇒トランス負荷 実装

3球スーパー 2号機も鳴っているので、1RW-DXも少し手を加えてみました。

オリジナルは、ラジオ少年で領布している真空管のラジオキットです

***********************************

先日の負荷実験をうけて、実装してみました。

(3球スーパー2号機のVRザリザリ音の原因は不明中。球の個体差でザリ音が消えることも確認済み)

1RW-DXは、一度部品を剥がしました。↓

009

↑OUTトランスは、20K:8にしてみた。

(リップルが強調されたら、従来に戻します)

010

011

いつもの1:3トランス↑(いつもYAHOOにて調達)

008

普通の回路↑

電源トランスが大きくないので、平滑回路のRの値は小さくして、3段です。

通電は明日にします。

追記2012/JAN/4

012

SGからの波形↑。

リップルに重畳しているのが判ります。

音量としては10db強upしているので、 このままで行こうと想っています。

これで1球レフレックスと同じように、「1:3トランスで昇圧」「outトランス20k:8」です。

SN的には、「チョーク負荷⇒コンデンサー⇒g1」の方がよかったのかなあ???。

(検波段のトランス負荷は、リップルを引き込みますね。 インダククティブ・ハムと呼ばれているのがわかりました)

鉄筋住まい+サテライトから35Kmの環境です。

室内アンテナ無しで、NHKがRS33程度に聞えるようにはなりました。(昇圧の効果です)

レベルUPしたこの状態でも,耳は電池式の2R-DC (抵抗負荷)よりやや劣ります。

(2R-DCはインダクタンス負荷に変えたので、その差はもっと開いて2R-DC>>本機)

(6GH8の1球レフレックスではNHK普通に聞えます。6GH8の1球レフ >>再生式)

当初、この1RW-DXに6GH8を載せたらリップル音が大きくて,

諦めて6EH8に戻しました。

************************************

再生式ラジオは、グリッド検波やプレート検波した信号に含まれる「高周波」を

正帰還させることによってゲインを稼ぐ方法です。

おじさんの実験では、正帰還で バルボル2レンジ分ゲインが増えました。

013

 

************************************

単球の自作ラジオは、

①「レフレックス+再生」の単球ラジオ⇒ここ。

601_2

②単球のレフレックス⇒ここ。 

603_2

それに、ここ。

604_2

************************************

*********************************

本キットが 組み立てられたら、次のステップは、

①真空管3球スーパー 3S-STD ⇒記事

②7Mhz ダイレクトコンバージョン COMET40  ⇒ 記事

③AMワイヤレスマイク  TX-1     ⇒記事

**********************************

2012/Aug/18追記

単球でラジオを造るなら、レフレックスも薦めます。

電池管で「再生⇔レフレッス」の比較をしたら、再生式の方がよかったです

ラジオは奥が深いです。

「レフレックス+再生」の単球ラジオここ

2012/Aug/30追記

再生式3球ラジオ(グリッド検波)も製作しました。⇒ここです。

超再生って知っておられます?

超再生式FMチューナーキットも面白いですよ。⇒記事

117

ST管はお好きですか?

ST管6D6のグリッドリーク再生式1-V-2


YouTube: はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

再生式でもデジタル表示できます。あなたのラジオはそれを出来ますか。

TOP PAGE

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ