Powered by Six Apart

« 1RWーDX 単球再生式ラジオ チョーク負荷⇒トランス負荷 実装 | メイン | TX-1 真空管2球式 AMワイヤレスマイク キット 1号機 »

2012年1月 4日 (水)

基板 Q & A

配布基板系でのQ and Anser。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/27712313

基板 Q & Aを参照しているブログ:

コメント

はじめまして
AN7116 ICを探していましたところ、このホームページに
遭遇しました。弊社のラジオを作っていただきまして、大変
光栄に思っております。部品の入手がだんだん困難になってきております。このラジオは何時までも残しておきたいと思っております。出来ればご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。
うれしさのあまり、メールをお送りします。
ありがとう御座いました。

こんばんは。
お世話になります。

部品調達もご苦労なさっておられるようですね。
一度パターンを起こすと10年程度はそのままの回路で行きたいのですが、
ラジオICは代替がきかないので、これが難ですね。

FM帯もフルキットで販売されている「唯一の会社」ですので
この優位点を強調されるのが妙手だと想います。

ただ今の時代は、
中・高学校の先生様たちが、「トラッキング調整ができる」とは思えませんね。


私の技術家庭科の先生は、きちんとラジオ造りが出来て、
「コイルは素手で触るとQが下がる」等を教えていただきました。


小野様
こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。

FROM TAKINX

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ