Powered by Six Apart

« 真空管式 FMラジオの製作 その5 | メイン | トランスレスラジオ UA-360 2号機。メンテ その3 音を録音してみた(動画) »

2014年8月27日 (水)

トランスレスラジオ UA-360 2号機を手に入れた。メンテ その2 調整

2号機の修理続きです

*****************************

蝋落ちしているコンデンサーを交換後通電してみた。

前記のようにヒューズが断して、パイロットランプも断していたので

やや不安を感じながら SW ON!!。

煙も出ることなく 波形が来た。

VRを絞ってのSP端でのVTVM読みは7mV。ほぼ1号機と同じ値。

080

★ラジオノイズが聞こえてこないので、???と想って

AF⇒IF⇒混合の順に下流から確認していった。

で、12BE6のG1抵抗(20KΩ)に掛かる電圧を測ると2000mVレンジで5mVの表示。

081

20KΩ抵抗をテスターで測ると、20KΩ表示だが妖しい。

12BE6のG1には0.6mA流れるように設計するので E=IRの式から、本来の電圧が算定できる。

★20KΩを交換すべく外したら、チタコンの脚もポロリしてしまった。

082

★気を落ち着けて、復旧させた。

083

★通電してラジオノイズが普通に聴こえるので、IFTの調整。

084

★1号機と同じようにBC帯のアンテナコイルは、バーアンテナ化した。

で、VRを絞ってのSP端でのVTVM読みは、4mVより低い。

085

★トラッキングした。

まず1400Khz近傍。

086

1200Khz近傍

087

1000Khz近傍(ピンボケでした。申し訳ない)

088

800Khz近傍

089

600Khz近傍

090

*******************************

その3に続きます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32632499

トランスレスラジオ UA-360 2号機を手に入れた。メンテ その2 調整を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ