Powered by Six Apart

« GT管のラジオアンプのノイズ値 | メイン | トランスレスラジオ UA-360 2号機を手に入れた。メンテ その2 調整 »

2014年8月24日 (日)

真空管式 FMラジオの製作 その5

ほぼ半年ぶりなので記憶が飛んでいた。   前の記事

ロックドオシレータ検波のFMラジオ製作です。

IF 10.7Mhzの信号を入れて、IF段の調整は行なった。

180

第3IFTの挙動がおかしい。

この1個は他の2個と型式(メーカーも)ちがうのだが、μ同調が入りきって上と下のコアが

ぶつかる。Cの容量がおかしいのか? ロックドオシレータ検波Freqがずれているのか?

もう10dbほど感度よくてもよいはず、、。

で、OSCしていないようなので、おいおいと確認はする。

6GY6だとゲイン過多でピ-ギー発振したので6DT6にしてある。

IFTの信号が廻っているイメージ。

IF以降が生きているのでやや安心した。

181

上の写真は、VRを絞ってのSP端のVTVM値。

3mVレンジで読んで0.5mV近傍。

*****************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32778135

真空管式 FMラジオの製作 その5を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ