Powered by Six Apart

« 真空管ラジオの製作  中波&短波 2バンド GT管ラジオ その2 短波はSHバンド  | メイン | 超再生式FMチューナーキット DBR-402  の音です。 »

2014年8月23日 (土)

トランスレスラジオ UA-360 2号機を手に入れた。メンテ その1

先日の続きです。

067

★ヒューズが断している。パイロットランプも断。

この2つが同瞬間に切れる可能性は,あるのか??

時間軸で0.05秒~0.1秒程度のズレで断する可能性は、宝くじ並だろうと想う。

068

069

★上の写真のように、ここまで融け落ちて垂れる。

070

糸掛け軸に、両面テープ?でジャケット化されている。

触ると、わずかに粘性が残っていることが判る。

071 072

★磨いた。130分掛かった。

仕上げには、国産品で最も錆止め効果がある「出光のダフニー」を塗る。

仕事柄、真空グリス~錆止め、或いは有機溶媒まで使うが

錆止めには、出光がダントツに良い。グリスはNOKがとても良い。

ホームセンターで手に入るものとは、性能がまったく違う。⇒性能詳細

073

ガソリンスタンドで箱単位の購入できる。(WEB販売も今はある)

オイラは、CRCを塗って錆びた経験が多数あるので、

このスプレーを見つけてからは、ダフニースーパーコートしか使わない。かれこれ30年、世話になっている。

宣伝しないので、BEST ONEなのにあまり知られていないのは残念だ。

*******************************

その2に続きます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32449783

トランスレスラジオ UA-360 2号機を手に入れた。メンテ その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ