Powered by Six Apart

« 水晶発振の続きです。(FMワイヤレスマイク)バリキャップ変調 | メイン | 中国製 PJ-80  3.5Mhzの受信機 (receiver) その1 »

2013年2月20日 (水)

水晶発振式 FMワイヤレスマイクの回路図(バリキャップ変調)

************************************

この続きです。

トヨコムさんの水晶に換えてみた。トヨコムさんには、大変お世話になっています。

地震のあと、オイラの設計した設備(2009年 epson トヨコム納入済)が、とても気がかりだったが、「オイラが世話になってる社長さんから被害なし」を聞いて安心した覚えがある。

なにせ、乾燥重量で1.8トン近い装置なので、揺れにはドキドキですね。

トヨコムさん今後もよろしくお願いいたします。(困難な課題でお願いします)

080

↑意外なほど安く、秋月で売られていた。基本波で20Mhz帯です。

水晶のNDKにも昔々行ったことはあったけなあ、、20年以上昔すぎて想いだせん。

081

↑4逓倍で80Mhz近辺になるので、使い易いFreqです。水晶を変えたら波形も綺麗になりました。

FMワイヤレスマイク向きの水晶なので、見つけたら買いですね。

082

↑右がFMワイヤレスマイクへ入れた波形。

左がラジオで受けた波形。(ラジオの電池が弱ってきて少し歪んでます。すいません)

084

↑バリキャップは、SD116(若松でまだ売ってます)

コイル内径はΦ10.5mm、線径はΦ1.2。 コイルのターン数は、DIP METERで確認しつつ決定

コイルはオイラのマネをせずに、AMZのコイルを使う方がEASYです。

マイクアンプ(2石)+OSC+BUFFERの4石構成。

★水晶発振⇒DUBLER⇒DUBLERで4逓倍のつもりだったが、

水晶発振部のコイル側で4逓倍が取れたので、 回路変更した。

★マイクアンプ部は、いつもの2石直結回路。

083

で、飛距離はこのヘロヘロアンテナで8mほどです。

変調は丁度よい感じ。バリキャップは、⊿FさせやすいISV101だと スイングしすぎかな、、。

オイラは、SD116の見た目が好きで使ってます。

085

086

↑水晶発振式4石FMワイヤレスマイクの回路図。TRは、2SC1815Yです。

「発振のきっかけ」は、220pfで行なっています。

 220pfの容量増減で波形も変わるので、オシロを見ながら値は決定してください。(ノウハウかな?)

普通に発振して、普通にバリキャップで変調が掛かりました。

もっと深い変調を望む方は、⊿Fしやすいバリキャップを使ってください。

******************************

長いアンテナは、飛びすぎますのでご注意ください。

以上、水晶発振式 4石FMワイヤレスマイクの自作記事でした。

超再生式FMチューナーも面白いですよ。⇒記事

130

6BE6 ワイヤレスマイク

142_3

マジックアイ ワイヤレスマイク

057

 

TOP PAGE

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31082711

水晶発振式 FMワイヤレスマイクの回路図(バリキャップ変調)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ