Powered by Six Apart

« 40Mhzの水晶を発振させてみました。(FMワイヤレスマイク) | メイン | 水晶発振式 FMワイヤレスマイクの回路図(バリキャップ変調) »

2013年2月17日 (日)

水晶発振の続きです。(FMワイヤレスマイク)バリキャップ変調

「プラモデルを自作する」とも普通は言わないよね。金型で成型されたパーツを綺麗にきって、接着剤でまとめてるから、「自作のイメージ」からは離れるよね。

「てれびくん付録を自作しました」って、胸を張っていいますか?

用意されたパーツを組み立てる所作は、同じだよね。

市販自転車をネットで購入して組み立てして、「自転車を自作しました」と、blogにupできますか?
予め用意された部品を、組み合わせる所作ですよね。

「パーツが揃っている」のを購入してつくるのを、「自作」と呼ぶのは苦しいでしょうね、

だから「キットを自作する」ってのは、表現として正しくはないだろうなあ、、。

正しい日本語を読み書きできるように、オイラは成りたい。

************************************

この続きです。

基本波では、強すぎるほど発振していました。

055

↑バラックで、逓倍を取り出したら,やや周波数が低いかったです。

浮遊容量が効いてますね。

で、マイクアンプ部のゲインを確認。↓

056

↑52dbほどありそうです。

バラックだと逓倍okでしたが、組み込んだら、逓倍してこなかったので、

水晶発振回路のCRを換えて、挙動を見てました。

057

↑「発振のきっかけ」が強めだと、こんな波形になります。

もっと強くすると動作停止して、黙りこんでしまいました。

(トランジスタってそういう性質のデバイスなのは、皆さんがご存知の通りです)

058

↑バラックで、もう1ラグ分、発振回路を組んで、比較実験してました。

059

↑発振回路のLC部で、時々逓倍波が取れるようにはなりましたが、

まだ不完全です。

加えて、水晶発振のRFがマイクアンプ部のVR周辺に飛びこんでいるぽいです。

「距離を離す」あるいは「レイアウト変更」かな、、、、

「+Bラインへの漏れ」のような挙動なんだけど、、、。

LCの発振よりは、苦労が多そうですね。

060

*********************************************************:

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31028125

水晶発振の続きです。(FMワイヤレスマイク)バリキャップ変調を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ