Powered by Six Apart

« 2球式 レフレックスラジオ 自作 (6EW6+6EW6) その2 | メイン | KIT-735 7石トランジスタラジオ キット »

2011年10月 9日 (日)

2球式 レフレックスラジオ 自作 (6EW6+6EW6) その3

2球でスピーカーを鳴らそう作戦です。

ここまでで、思考錯誤の結果、

真空管式レフレックスラジオでは、「プレート負荷の取り出し方法」が

ゲイン面も、音質面からも一番のポイントになることが判りました。

*********************************

①ゲインを稼ぐためには、チョーク負荷で取り出す。

②チョークは100Hが一番出力がとれて、ヘンリーが減るに応じて出力も減る。

(当たり前だ、、、と怒られそうです。200Hならもっと出る??)

③チョーク負荷は低域を持ち上げるので、大きいとリップル音も大きく聞える。

④したがって、リップル音と出力のバランスを見て、適正な(好み??)チョーク値を選ぶ。

 (メーカーによる音の差がでます)

⑤出力トランスも周波数特性をもっていて、

「可聴帯域外にピークを有しているもの」と「可聴帯域内にピークを有するもの」があるので

上手く使い分ける。

**********************************

こんな思考経過です。

100Hのチョークと10KΩトランス(チョークにて使用)では、バルボル読みで4dbは違います。

「レフックスの検波定数」を触るより、「チョーク選びの方」が聞え方に差がでます。

いい勉強をさせてもらいました。

11

↑最終形態です。

(2011/10/16に再び 変わりました)

チョークを10Kトランスにしたら、

出力は、SSGの「400HZ変調<<1KHZ変調」になりました。

CRのHPFなしでも、「400HZ変調<<1KHZ変調」です。

CRのHPF、20Kトランスには、効果判らずでした。(すみません)

MW帯のゲイン差は10dbあります。

530khzくらいがピークで、上側がマイナスして行きます。

アンテナコイルをどう動かしても、下側がピークになってます。

再生式ですと、ゲインピークは動くのですが、

この2球式レフレックスは動いてくれません。(また謎が増えました)

NHK第一は、ガンガン鳴ってます。補助アンテナ不要です。

球を6AU6に差し換えたら、補助アンテナほしくなりました。

6AU6なら20Kトランス(チョーク)が、合っていそうな感じです。

追記

2011,Oct,9th,22:00

プレート負荷をチョークにすると、

いまのところ「リップル音」からは逃げれません。

昔は、こんな音で聞いていたんだろうなあ、、、。

追記

2011,Oct,10th,9:00

12

↑回路。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/27249153

2球式 レフレックスラジオ 自作 (6EW6+6EW6) その3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ