ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« ラジオ向け同期検波のデバイス。 プロダクト検波との違い | メイン | PAM8403アンプ の謎。 購入して通電してみた。 動作ノイズが3Vと強烈。 »

2024年6月19日 (水)

lm4880でつくるstereo amp : RK-297

秋月には残っているLM4880.


YouTube: lm4880 stereo amp :RK-297

CLASS Bにしては繋ぎが下手な設計。

P1010051

P1010057

、、と今回もTEXSの実力通りの波形です。

P1010064

通算556作目。 RK-297.

間違ってもお薦めできないIC LM4880です。current damperの設計が下手。LM386の設計者がみたら悲しむLM4880. おやすい価格で放出中。

 トムソンのTDA7050   >>>> LM4880

*******************************************

2SA1015と2SC1815でつくるディスクリートアンプ。(RK-226)の波形。

Rk22603

トムソンICの波形

Rk14204

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34271463

lm4880でつくるstereo amp : RK-297を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ